SUV車の乗り心地が良いものを人気ランキングでオススメ比較

絶対に得する愛車の売り方

下取り、車の売却は必ず
無料査定サイトを使いましょう!
ディーラーでは20万円の下取りが、
買取業者では 80万円になることも
よくあります。

複数業者に査定をしてもらい
最高額で査定をしてくれた
1社のみとのやり取りとなります。

あなたの車の価値は日々下がっています。
愛車の売却を考えている場合は
早めに査定をしてもらいましょう。

SUVといえば、悪路でも快適に走るイメージが強いですね

アウトドア好きなアクティブ派から絶大なる支持を得ているSUVですが、オンロードでの乗り心地だって重要ですよね。

オフロードでの頼もしい走行性能は勿論ですが、普段使いとしてストレスなく運転できる乗り心地も犠牲にしたくない。

そこで今回は、乗り心地の良いSUVを国産車と外車にカテゴリ分けしてランキング形式でご紹介します。

スポンサーリンク


【国産車】乗り心地が良い人気SUVランキング

まずは、乗り心地が良い人気のSUVのランキングです。

1位 マツダ CX-8

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/

マツダCX-8は3列シートを備えたプレミアムSUVです。

エクステリアデザインですがはCX-5に激似ですが、北米向けに販売されているCX-9をベースに開発されたモデルです。

2列目シートは3タイプをラインナップしており、ベンチシートタイプ、左右独立の肘掛けが付いたキャプテンシート、キャプテンシートの間にコンソールボックスを搭載したタイプとなっています。

コンソールボックス付きシートは高級感があり、最上位グレード「XD Lパッケージ」専用のシートとなります。

3列シートとは言え、3列目の居住性はミニバンには及びません。なので、3列目の使用頻度が高くなく、走りを楽しみたいユーザーにおすすめなのがCX-8です。

もちろん3列目シートも苦なくすわれる程度の広さはありますよ。

【価格】
289万~446万円

【主要諸元】
全長×全幅×全高:4,900×1,840×1,730mm
ホイールベース:2,930mm
最小回転半径:5.8m
車両重量:1,710 kg
定員:6 人~7人
排気量:2,488cc
最高出力:140[190]/4500-140[190]/6000
最高トルク:450[45.9]/2000-252[25.7]/4000

2位 三菱 アウトランダー

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/outlander_gasoline/grade/m.html

三菱のSUVと聞いて真っ先にパジェロを思い浮かべる方も多いかもしれませんが、パジェロよりもコンパクトながらもパワフルな走りが魅力となっているのがアウトランダー。

SUVでは珍しくPHEVモデルもラインナップされており、注目度が高いSUVです。

アウトランダーというとプラグインハイブリッドモデルのアウトランダーPHEVがにばかり注目がいきがちですが、ガソリン車のアウトランダーも乗り心地だけでなく、燃費性能が向上しており、全グレードエコカー減税対象でお財布に優しい車でもあるのです。

ダイナミックシールドによるフロントフェイスは無骨で力強い。他のSUVにはない独特の存在感を放っているのがアウトランダーの特徴でもありますね。。

【価格】
266万~348万円

【主要諸元】
全長×全幅×全高:4,695×1,810×1,710mm
ホイールベース:2,670mm
最小回転半径:5.3m
車両重量:1,480~1,570kg
定員:7人
排気量:1,998cc
最高出力:110[150]/6000
最高トルク:190[19.4]/4200

3位 スバル フォレスター

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/

実用性と居住性を兼ね備えた注目のSUV、それがフォレスターです。

本格オフロードSUVではありませんが、最低地上高が220mmもあることから悪路走破性にも長けており荒れた道でも安定した走りを見せてくれます。

雪道にも強く、雪国の人たちからも高い人気を得ています。

力強いエクステリアデザインから、大きく見えるボディですが、実際は大きすぎず見通しがよく回りがきくので運転しやすいです。発進と加速が非常にスムーズで扱いやすいのが特徴。

車内は広く後部席の居住性が高、ファミリーカーとしても人気です。

フォレスターは悪路走破性を重要視しているため、オンロードの快適性に力を入れているSUVと比べると乗り心地はやや不利なのは否めませんが、決して乗り心地が悪いわけではなく、トータルバランスが優れているSUVです。

【価格】
280万~309万円

【主要諸元】
全長×全幅×全高:4,625×1,815×1,715mm
ホイールベース:2,670mm
最小回転半径:5.4m
車両重量:1,520 kg
定員:5人
排気量:1,995cc~2,498cc
最高出力:136[185]/5800-107[145]/6000
最高トルク:188[19.2]/4000-239[24.4]/4400

4位 トヨタ ランドクルーザー

引用:https://toyota.jp/landcruiser/

SUVの王者と評されるほど高い人気を誇るのが高級・本格SUVのトヨタランドクルーザー。

悪路走破性が高いクロスカントリーモデルなので、オフロード用SUVと言っても過言ではありません。

そのため、悪路を走る機会が全くない人には本来の機能を活かすことができないので、やや不満が残る車となるので注意が必要ですね。

とは言え、オフロードSUVの中ではオンロードでの走行も安定性が最も高いモデルです。

エクステリアデザインのカッコ良さも人気の秘訣。

海外では、戦地でも使用されるなど走行性能はかなり高いですね。

【価格】
473万~684万円

【主要諸元】
全長×全幅×全高:4,950×1,980×1,870~1,880mm
ホイールベース:2,850mm
最小回転半径:5.9m
車両重量:2,430~2,690kg
定員:5~8人
排気量:4.608cc
最高出力:234(318)/5,600
最高トルク:460(46.9)/3,400

5位 トヨタ CH-R

引用:https://toyota.jp/c-hr/exterior/?padid=ag341_from_chr_navi_exterior

高い安全性能と優れた燃費性能を兼ね備えた人気のコンパクトSUV、それがCH-Rです。

プリウスと同じプラットフォームを採用し、今回紹介しているSUVの中でも比較的コンパクトサイズです。

大口径タイヤを装着してヒップポイントを高めているので、SUVならでの視認性を確保しています。

ブレーキディスク、スタビライザー、サスペンション周辺に手を加えることでで上質ながらもスポーティーな走行ができるSUVに仕上がっています。

最小回転半径は5.2mと抑えめなので取り回し性能が高く街中でも運転しやすいです。

パワーユニットはハイブリッドターボ車をラインナップ。

外装もそうですが内装も先進的なデザインを採用しており、いい意味でSUVっぽくないクルマです。。

【価格】
ガソリン:251万〜280万円
ハイブリッド:265万〜293万円

【主要諸元】
全長×全幅×全高:4,360×1,795×1,550〜1,560mm
最小回転半径:5.2m
車両重量:1,440〜1,470kg
定員:5人
排気量:ガソリン車1,196cc/ハイブリッド車 1797cc
最高出力:ガソリン車 85(116)/5,200~5,600 ハイブリッド車 72(98)5,200
最高トルク:ガソリン車 185(18.9)/1500~4000 ハイブリッド車 142(14.5)/3600

スポンサーリンク

【外車】乗り心地が良い人気SUVランキング

続いて乗り心地が良い外車SUVをランキング形式でご紹介します。

1位 BMW X2

引用:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/x-series/X2/2017/at-a-glance.html

2018年4月より受注開始したBMWのX2。

ブランド最小SUVとしており、ルックスはクーペ風デザインで、なだらかなルーフラインがカッコいいですね。

SUVというとゴツくてワイルドなイメージがありますが、BMWらしくスポーティさをうまく表現したエクステリアに仕上がっています。

BMW X2といえばゴールドのボディカラーが印象的ですが、近年採用されていなかったCピラーのBMWのエンブレムも注目ポイントですよ。

1.5Lエンジンと2Lガソリンエンジンを採用し、いずれも駆動方式はFFと4WDとなります。

両モデルにMスポーツXグレードを設定し、エクストリームスポーツの世界からヒントを受けた専用装備を搭載しています。

また同社のモータースポーツ部門であるM社による専用のセッティングを施したサスペンションを装備。SUVとは思えない刺激的な走りを楽しむことができますよ。

【価格】
436.0万円~515.0万円

【主要諸元】
全長×全幅×全高:4,375×1,825×1,535mm
ホイールベース:2,670mm
最小回転半径:5.1m
車両重量:1,500kg
定員:5人
排気量:1,498cc
最高出力:103[140]/4600
最高トルク:220[22.4]/1480

2位 フォルクスワーゲン ティグアン

引用:https://www.volkswagen.co.jp/ja/models/tiguan.html#item=1&gallery=150692159987480588

海外SUVと聞くと小洒落たイメージが強いですが、フォルクスワーゲンティグアンは普通車っぽいサイズ感が特徴的。

軽めのステアリングと車両感覚をつかみやすいボディサイズは、小柄な日本人でも運転しやすいとユーザーから高い評価を得ているクルマです。

スムーズかつなめらかな加速に加えてパワフルな走りができ、FFモデルなのに4WDに劣らない走りは一見の価値あり。

フォルクスワーゲンティグアンは2017年にフルモデルチェンジしており、低価格設定ということもあり全モデルは70万~384万円とお買い得ですよ。

日本でも比較的見かけることが多いので、コストパフォーマンスが優秀なSUVなのでしょう

【価格】
360万~554万円

【主要諸元】
全長×全幅×全高:4500×1840×1675mm
ホイールベース:2675mm
最小回転半径:5.4m
車両重量:1,540kg~1730㎏
定員:5人
排気量:1,394cc~1968cc
最高出力:110[150]/5000-110[150]/3500
最高トルク:250[25.5]/1500-340[34.7]/1750

3位 BMW X1

引用:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/x-series/X1/2015/design.html

BMW X1は快適さが魅力のSUV。

コンパクトサイズで運転しやすいのがウリのX1ですが、室内は広々としていてストレスなく移動できます

荷室は広く、ゴルフバッグも余裕で乗せるだけのスペースが確保されています。

もちろん、SUVらしくアイポイントは高く、見通しが良いのでドライバーは満足して運転できるでしょう。

比較的大きめですが、馬力は十分にあり燃費も良い。クリーンディーゼルエンジンモデルもあり、更に低燃費を求める方におすすめです。

【価格】
420万~628万円

【主要諸元】
全長×全幅×全高:4,439-4,455×1821×1,600-1612mm
ホイールベース:2670mm
最小回転半径:5.4m
車両重量:1,520kg
定員:5人
排気量:1,498cc~1,998cc
最高出力:103[140]/4600-170[231]/5000
最高トルク:220[22.4]/1480-350[35.7]/1250

4位 ボルボ XC40

引用:https://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/xc40

ボルボがコンパクトSUV市場に投入した話題のニューモデル、それがXC40です

エクステリア・インテリアともに都会的なデザインながらも、どこかクリーンさも漂うボルボらしい仕上がり。

16種類もの世界最先端の安全と運転サポート技術が詰まったインテリセーフを組み合わせており、贅沢なボルボブランドの一台とです。

特筆すべきは、夜間走行時も歩行者を検知して衝突軽減ブレーキを作動させる高い安全性、更にバック時に後方・側方から接近する車輌を検知し自動ブレーキを作動させることも可能。

先行車がいればクルーズコントロールを作動させ、10km/h以下になれば自動で操舵して先行車に追従する機能などなど他メーカーよりも常に一歩先を行く運転支援機能が搭載された魅力的なクルマです。

【価格】
389万円~549万円

【主要諸元】
全長×全幅×全高:4,425×1,875×1,660mm
ホイールベース:2,700mm
最小回転半径:5.7m
車両重量:1,610kg
定員:5人
排気量:1,968cc
最高出力:140[190]/4700
最高トルク:300[30.6]/1400

5位 プジョー 5008

引用:https://www.peugeot.co.jp/models/car-selector/5008-suv.html

日本では2017年秋に導入されたばかりプジョーの新型SUV。

新たなコンセプトを掲げ、利便性と安全性、そして走行安定性を高レベルで実現したSUVです。

プレミアム7シーター採用で、シートはいずれも独立型となっているのが特徴。

1.6L直噴ターボエンジンに6速ATを組み合わさせ、安全性能面では4つのエアバッグ、3列に渡るカーテンエアバッグを装備するなど外車SUVでは珍しいくらい安全性能が高いです。

新型プジョー5008はパワートレインと基本技術を3008と共有しており軽量化と居住空間を手に入れています。

もちろんプジョーらしい軽快な走りも忘れていませんよ。

ホイールベースは3008よりも165mm延長し2840mm。

7人乗りSUVにふさわしい必要十分な居住性を確保し、全長4640mm以内に収めているので思いの外取り回しが良いです。

エクステリアはSUV風に仕立てています。

ガソリンエンジンだけなく、2リッター直列4気筒クリーンディーゼルエンジンもラインナップ。力強い加速、快適な長距離巡航を楽しめる一台です。

【価格】
404万円~473万円

【主要諸元】
全長×全幅×全高:4,530×1,840×1,645mm
最小回転半径:5.8m
車両重量:1,550kg
定員:7人
排気量:1,598cc
最高出力:121[165]/6000
最高トルク:240[24.5]/1400

スポンサーリンク

SUVの乗り心地が良く疲れにくい車の比較をまとめ

以上、乗り心地のSUVについてでした。

今回は、ユーザー評価の高い車を中心にまとめたランキングしました。

どれも乗り心地の評価は高いSUVですが、感じ方は人それぞれですし、好みも違ってくるでしょう。

ですから、気になるSUVがあるという方はぜひ一度試乗されることをおすすめします。

乗り比べて、お気に入りのSUVを見つけてくださいね。

愛車の査定を50万円以上、高く査定してくれる事業者を探す方法

「愛車の売却どこにしたらいいか分からない…」
「愛車の売却は近くの中古車販売で妥協しようか…」
「下取りで値引きを大きくしたい…」
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」
などあなたにも
悩みがあるのではないでしょうか。

1,値引きを大きくして
新車を安く買いたい!

2,愛車を高く売りたい!

こんなあなたの望みを叶える
オススメの裏ワザを
ご紹介します!

下取り、愛車の売却は無料の一括査定サイトを使い最高値で売る!

ディーラーで20万円の下取りが
一括査定を使い80万円になることも
多々あります。

一括査定ではあなたの
愛車をガリバーなど
大手下取り会社の
最大10社が一括で
無料査定をしてくれるのです。

ここで出た最高値
車を売却することができます。

またその最高値を
ディーラーに伝え
値引き交渉に使うことで
値引きの限界を引き出す
ことも可能です。

一括査定を使うことで
愛車を最も高く
売却することが出来るのです。
※こちらは記事の上で紹介してるサービスと違い複数業者とのやり取りとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です