新型ジムニーの燃費の実際は悪すぎなのか?

絶対に得する愛車の売り方

下取り、車の売却は必ず
無料査定サイトを使いましょう!
ディーラーでは20万円の下取りが、
買取業者では 80万円になることも
よくあります。

複数業者に査定をしてもらい
最高額で査定をしてくれた
1社のみとのやり取りとなります。

あなたの車の価値は日々下がっています。
愛車の売却を考えている場合は
早めに査定をしてもらいましょう。

スズキの新型ジムニーの燃費はどれぐらいなのでしょうか?

どうせなら新車を買うなら、できるだけ燃費が良い車がいいですよね。

オフロード車は燃費が良いイメージがないですが、ジムニーの場合はどうなのでしょうか?

今回は、スズキの新型ジムニーの燃費について解説していきます。

スポンサーリンク


実際の燃費とカタログ燃費の差はどれくらい?

新型ジムニー・ジムニーシエラのカタログ燃費には、新基準である燃費モードWLTCのモード燃費のみが掲載されています。

WLTCとは、国際的なモード燃費の測定方法のことす。

従来のJC08モードでは燃費数値は1つだけでしたが、WLTCモードでは以下の4つの数字を表示しています。

・WLTCモード:市街地、郊外、高速道路の各モードを平均的な使用時間で配分
・市街地モード:信号や渋滞等の影響を受ける比較的低速な走行を想定
・郊外モード:信号や渋滞等の影響をあまり受けない走行を想定
・高速道路モード:高速道路での走行を想定

では、以上のことを踏まえてジムニーとジムニーシエラのカタログ燃費と実燃費を見ていきましょう。

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

【スズキジムニー】

スズキジムニーの5MTと4ATそれぞれのカタログ燃費は以下のとおり。

・カタログ燃費
5MTモデル(XC)
WLTCモード:16.2km/L
市街地モード:14.6km/L
郊外モード:17.5km/L
高速道路モード:16.5km/L

4ATモデル(XC)
WLTCモード:13.2km/L
市街地モード:11.0km/L
郊外モード:13.9km/L
高速道路モード:14.2km/L

・実燃費

結論を先にいうと、スズキジムニーの実燃費はカタログ燃費を上回っています。軽自動車としては実燃費は悪くない数値です。

今回は、みんカラや価格.comからスズキジムニーの実燃費を集計して平均値を算出しました。
その結果・・・実燃費は平均して18.2km/Lとなりました。
カタログ燃費では16.2km/Lが平均値でしたから、それを遥かに超える燃費性能ですね。
ジムニーのように本格的なSUV車は、燃費は悪くなんぼ的な目で見られることもありますが新型ジムニーではそのイメージはあてはまらないことが証明されたのではないでしょうか。

加えて静粛性も向上していて、ソフトな乗り心地になっているのも見逃せないポイントです。

オフロードだけでなく日常使いでも十分使えるSUVと言えるでしょうね。

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny_sierra/

【ジムニーシエラ】

ジムニーシエラのカタログ燃費は以下のとおり。

・カタログ燃費
5MTモデル
WLTCモード:15.0km/L
市街地モード:12.8km/L
郊外モード:15.8km/L
高速道路モード:15.9km/L

4ATモデル
WLTCモード:13.6km/L
市街地モード:11.2km/L
郊外モード:14.7km/L
高速道路モード:14.6km/L

・実燃費

気になる実燃費ですが、ジムニーシエラの実燃費は口コミ平均で12.3km/Lとなりました。

ジムニーではカタログ燃費を上回りましたが、ジムニーシエラでは下回りましたね。とは言え、カタログ燃費と実燃費に大きな乖離はないので、ユーザーとしてはカタログ燃費値をある程度参考にできるといえるでしょう。

スポンサーリンク

旧型のJB23やJA11よりも燃費は改善された?

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

新型ジムニーは旧型のJB23やJA11よりも燃費改善されたのでしょうか?

先代ジムニーの燃費は以下のとおりです。

【先代ジムニー】
・5MTモデル
JC08モード:14.8km/L
・4ATJCモデル
08モード:13.6km/L

【先代ジムニーシエラ】
・5MTモデル
JC08モード:13.6km/L
・4ATモデル
JC08モード:12.6km/L

旧型ジムニーはJC08、新型ジムニーはWTLCなので燃費モードが違うため、直接比較することはできません。

ただ、参考としてマツダCX-3では最初にWLTCモード燃費を表示しており、CX-3ではJC08モードが17.0km/Lに対してWLTCモードでは16.0km/Lでした。

つまり、WLTCモードの方が6%程度燃費数値が低く出るということになります。

軽自動車のジムニーは、5MTモデル14.8km/Lが17.23km/Lで16%燃費向上している計算になります。
4ATモデルなら13.6km/Lから14.04km/Lなので3%ほど燃費向上しています。

ジムニーシエラだと、5MTは13.6km/Lから15.96km/Lで17%の燃費向上、4ATは12.6km/Lから14.47km/Lで15%の燃費向上ということになりますね。

スポンサーリンク

新型ジムニーの燃費をAT車とMT車で比較

新型ジムニーの燃費はAT車とMT車でどれぐらいの差があるのでしょうか。

【スズキジムニー】
5MTモデル(XC)
WLTCモード:16.2km/L
市街地モード:14.6km/L
郊外モード:17.5km/L
高速道路モード:16.5km/L

4ATモデル(XC)
WLTCモード:13.2km/L
市街地モード:11.0km/L
郊外モード:13.9km/L
高速道路モード:14.2km/L

スズキジムニーの場合、WLTCモードでは燃費差は3km/LでMT車のほうが勝っています

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

【ジムニーシエラ】
5MTモデル
WLTCモード:15.0km/L
市街地モード:12.8km/L
郊外モード:15.8km/L
高速道路モード:15.9km/L

4ATモデル
WLTCモード:13.6km/L
市街地モード:11.2km/L
郊外モード:14.7km/L
高速道路モード:14.6km/L

ジムニーシエラではWLTCモードで1.4km/LほどMT車のほうが勝っています

ジムニーの燃費を向上させるには?

スズキジムニーの燃費を向上させる方法をご紹介します。

【不要な荷物は積んでおかない】

クルマの重量は燃費に影響します。

同じジムニーでも、車重が軽いのと車重が重いのでは、当然ながら車重が軽いジムニーのほうが燃費は伸びやすいです。

基本的な車重を変えることはできませんが、不要な荷物を積まないということを意識するだけでも燃費に差が出てきます。

常に、荷室などに荷物が沢山積まれた状態ではガソリンを無駄に消費してしまいもったいないですよ。

不要な荷物はクルマから降ろしておきましょう。

【エアコンの使用は控える】

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

車内を快適にするためにエアコンを使用される方は多いですが、実はエアコンの使用はガソリンの消費を早めます

走行していなくても、エンジンが掛かった状態でエアコンを使っていれば、それだけでガソリンを消費してしまうのです。

暑さがきつい夏場や寒い冬場はさすがにエアコンを使用したほうがいいですが、春や秋などエアコンがなくても窓を開けておくだけでも十分に快適に過ごせる日はエアコンの使用は控えるようにしましょう。

エアフィルター】

エンジンの内部に空気を取り込む際、ホコリやゴミなどを一緒に取り込んでしまわないために取り付けつけられているエアフィルターですが、エアフィルターは消耗品です。

使い続けていくうちにゴミや汚れがたまっていき、目詰まりを起こしてしまいます。そうなると空気の吸い込みが悪くなり加速を鈍らせてしまい、その結果、燃費性能が悪化します

エアフィルターは定期的に交換しておくようにしましょう。

交換の目安は50000㎞に1回と言われています。

【運転の仕方に気をつける】

これは大抵のクルマに言えるとですが、カタログ燃費では街乗りよりも高速道路や郊外路を走らせているときのほうが燃費が良いです。

理由は、郊外路や高速道路では停止・発進を繰り返すことが少なく負担がかからないからです。

クルマの燃費が一番消費されるのは停止した状態から発進するときです。

完全に停止していなくてもアクセルを踏む回数が増えれば、その分ガソリンは消費されますので普段の走り方に気を使ってみてはどうでしょうか。

惰性運転を上手に利用し、車間距離を積めすぎないように意識して運転してみてください。

【タイヤの空気圧】

タイヤの空気圧が変わるだけで燃費が向上します。

タイヤの空気圧とタイヤの転がり具合は関係性があるからです。

車では実感が湧きにくいですが、通常よりも空気をやや多めに入れることでタイヤの転がりは良くなります。

同じ速度を出すにしても少ない馬力で済むので、その結果燃費が良くなります。

ただし、空気を入れすぎてしまうと乗り心地の悪化につながるので入れすぎにはくれぐれも注意してください。

ジムニーのタイヤの空気圧は前160kpa、後180kpaが規定値となっています。

以上、スズキジムニーの燃費向上方法についてでした。

愛車の査定を50万円以上、高く査定してくれる事業者を探す方法

「愛車の売却どこにしたらいいか分からない…」
「愛車の売却は近くの中古車販売で妥協しようか…」
「下取りで値引きを大きくしたい…」
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」
などあなたにも
悩みがあるのではないでしょうか。

1,値引きを大きくして
新車を安く買いたい!

2,愛車を高く売りたい!

こんなあなたの望みを叶える
オススメの裏ワザを
ご紹介します!

下取り、愛車の売却は無料の一括査定サイトを使い最高値で売る!

ディーラーで20万円の下取りが
一括査定を使い80万円になることも
多々あります。

一括査定ではあなたの
愛車をガリバーなど
大手下取り会社の
最大10社が一括で
無料査定をしてくれるのです。

ここで出た最高値
車を売却することができます。

またその最高値を
ディーラーに伝え
値引き交渉に使うことで
値引きの限界を引き出す
ことも可能です。

一括査定を使うことで
愛車を最も高く
売却することが出来るのです。
※こちらは記事の上で紹介してるサービスと違い複数業者とのやり取りとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です