レクサスUX(ガソリン・ハイブリッド)の燃費の実際の口コミ評価

絶対に損をしない下取り方法

下取り、車の売却は必ず
無料一括査定サイトを使いましょう!
ディーラーでは20万円の下取りが、
買取業者では 80万円になることも
よくあります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社
あなたの車の買取価格を
競ってくれるのです。
結果的に値段を吊り上げてくれ
高額査定を可能にしてくれます。

レクサスUXには、2.0Lガソリン車と2.0Lハイブリッド車の2モデルが登場しています。

ガソリン車、ハイブリッド車は燃費性能が大きく違い、特にカタログ値では、大きな差ができています。

また、実燃費もエンジンタイプで差が発生していて、燃費を気にするなら実際に走行した方の口コミ情報を確認すると、参考になる意見が多数あります。

今回はレクサスUXのガソリン車、ハイブリッド車の燃費情報について紹介していきます。

スポンサーリンク



レクサスUX250h(ハイブリッド)の燃費の実際と口コミは?

引用元:https://lexus.jp/models/ux/gallery/

レクサスUX250hはUXのハイブリッド車モデルの名称です。

UX250hは2.0Lハイブリッドエンジンが搭載されていて、カタログの燃費計測値も高く、口コミで燃費に関する評価も寄せられています。

ハイブリッド実際の燃費とカタログ燃費

引用元:https://lexus.jp/simulation/

ハイブリッド車モデルのUX250hは燃費性能が高いモデルで、カタログ値、実燃費はどうなっているのか、気になりませんか?

レクサスUXは2018年に登場した新しいモデルで、カタログにはJC08モード、WLTCモードの2つの計測結果が載っています。

まず、JC08モードで計測されたカタログ燃費を確認してみましょう。

▼レクサスUX250h カタログ燃費 JC08モード

レクサスUX250h 2WD AWD
JC08モード計測 27.0km 25.2km

レクサスUX250hは2WD、AWDの2タイプが販売されていて、UX250hのJC08モードでの燃費性能は2WD車が27km、AWD車が25.2㎞となっています。

2WD車はリッター27kmとかなり良い燃費記録が計測されていて、AWD車も25km以上と悪くなく、JC08モードの計測値を見るとレクサスUXのハイブリッド車は燃費性能がかなり高く感じられます。

次にWTLCモードで計測されたカタログ燃費も確認してみましょう。

▼レクサスUX250h カタログ燃費 WLTCモード

レクサスUX250h 2WD AWD
WLTCモード 22.8km 21.6km
市街地モード 22.0km 21.1km
郊外モード 23.4km 21.7km
高速モード 22.7km 21.7km

レクサスUX250hのWLTCモードでのカタログ燃費は2WD車が22.8km、AWD車が21.6kmです。

JC08モードの計測値と比べると、UX250hのWLTCの計測値は2WDが4.2㎞、AWDは3.6km劣る結果が出ています。

ただ、JC08モードと比べてWLTCモードは実際の走行に近い環境を想定して計測されていて、実燃費に近い結果はWLTCモードの計測値になると思われます。

また、WLTCモードは様々な走行環境を想定した燃費記録も計測されています。

渋滞、信号停止の影響を受ける想定で計測された市街地モードでは、2WD車は22km、AWD車は21.1kmがカタログ燃費値となっています。

WLTCモードと比べた場合、2WD車は0.8km、AWD車は0.5㎞劣っていて、カタログ上でも街乗りでは燃費性能が少し落ちてしまうのが確認できます。

街乗りと違い、渋滞、信号の影響を受けにくい郊外モードの計測では、2WD車は23.4km、AWD車は21.7kmの燃費記録が計測されています。

2WD車、AWD車共にWLTCモードの計測値より燃費性能が勝っていて、特に2WD車は23km以上と0.5km以上も燃費が向上しています。

さらに高速道路走行を想定した高速モードの計測では、2WD車は22.7km、AWD車は21.7kmの燃費記録が計測されています。

2WD車は高速モードだとWLTCモードの測定値より少し劣りますが、AWD車はWLTCモードより勝っていて、高速なら燃費が伸ばせるように感じられます。

そして、レクサスUX250hの実燃費記録ですが、UX250hの実燃費は大体18~19kmほどの報告が寄せられているようです。

カタログ値と比べると、実燃費はWLTCのカタログ値より約3kmほど劣る結果となっていて、WLTCモードのカタログ値に近い燃費での走行は難しく感じられます。

レクサスUX250hはWLTCのカタログ値がリッター21km以上と良い結果が出ていますが、実燃費は約18~19kmほどとカタログ値に届いておらず、カタログ値に追いつく燃費記録を出すのは難しいかもしれません。

ハイブリッド燃費の口コミ評価

引用元:https://lexus.jp/simulation/

レクサスUX250hは実際に乗った方から口コミサイトに様々な評価が寄せられています。

燃費に関する評価も寄せられていて、燃費口コミには下記のような感想が確認できました。

ラベル名

・渋滞込みの高速でリッター20km、さすがハイブリッド。
レクサスUX250h”F SPORT”

・燃費を気にせず一般道で16km、燃費を気にすれば20km前後。
レクサスUX250h”F SPORT”

レクサスUX250hは口コミで確認したところ、リッター20kmで走行できているという口コミ評価を残している方が確認できました。

実燃費の平均値が約18~19kmなので、口コミの燃費は実燃費より良く、渋滞でも20kmを記録している方もいます。

ただ、燃費を気にせず走行した場合、リッター16kmという報告も寄せられていて、急発進、急停止などを繰り返せば実燃費を大きく下回ってしまうかもしれません。

レクサスUX250hはカタログ値に追いつく燃費性能を発揮するのは難しいと思われます。

しかし、ハイブリッド車はリッター20km前後なら記録できると思われるので、燃費を重視するなら低燃費走行を意識し、リッター20kmほどを目指してみるのが良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

レクサスUX200(ガソリン)の燃費の実際と口コミは?

引用元:https://lexus.jp/models/ux/gallery/

レクサスUX200はUXのガソリン車の名称です。

UX200は2.0Lガソリンエンジンが搭載されていて、車両価格がハイブリッド車より安く、カタログの燃費値も悪くない計測値が発表されています。

ガソリン車、実際の燃費とカタログ燃費

引用元:https://lexus.jp/simulation/

レクサスUX200はガソリンエンジンを搭載したモデルで、ガソリン車の燃費性能はどのぐらいなのか、気になりませんか?

UX200はハイブリッド車のUX250hと同じく、JC08モード、WLTCモードでカタログ燃費が発表されていて、各計測モードでカタログ燃費の性能が違っています。

まず、レクサスUX200のJC08モードでのカタログ燃費を確認してみましょう。

▼レクサスUX200 カタログ燃費 JC08モード

JC08モード計測 17.2km

レクサスUX200はUX250hと違って2WD車のみが販売されていて、ガソリン車2WDのJC08モード計測のカタログ燃費は17.2kmとなっています。

UX250hと比べると、ガソリン車のUX200は10km近くもJC08モード計測の結果が劣っていて、ハイブリッド車の燃費性能の高さが感じられます。

次にレクサスUX200のWLTCモードのカタログ値も確認しましょう。

▼レクサスUX200 カタログ燃費 WTLCモード

WTLCモード 16.4km
市街地モード 12.8km
郊外モード 16.4km
高速モード 18.7km

レクサスUX200はWLTCモードで計測されたカタログ燃費は16.4kmで、JC08モードより0.8km落ちています。

ハイブリッド車と比べると、JC08モードとWTLCモードの差が小さく、ガソリン車はJC08モードの計測値に近い燃費で走行できるのでは?という印象を受けます。

ただ、渋滞、信号停止などを想定した市街地モードの計測値が12.8㎞とWLTCモードの計測値から3.6kmも落ちる結果になっています。

ガソリン車は発進、停車を繰り返すと燃費が大きく落ちてしまうようで、街乗りメインならレクサスUX200で低燃費走行をするのは難しいのかもしれません。

また、WLTCで計測されたUX200の郊外モードは16.4km、高速モードは18.7kmの結果が出ています。

市街地モードと違い、渋滞、停止が少ない郊外モードは燃費計測値が16.4kmと良く、発進、停止が少なければ燃費性能が大きく改善されるのがわかります。

さらに定速走行がメインになる高速道路を想定した高速モードはWLTCモードの燃費より計測値が高く、高速なら燃費を大きく抑えて走行できる可能性があります。

そして、レクサスUX200の実燃費ですが、UX200は大体12~13kmほどの燃費で走行できている方が多いようです。

カタログ値と比べると、WLTCモードの計測値より3kmほど実燃費が劣っていて、街乗りならもう少し燃費が落ちてしまうかもしれません。

レクサスUX200はカタログ値ならリッター16km以上とガソリン車ながら高い計測値が確認できますが、実燃費は大体12~13kmほどとなっています。

ガソリン車でリッター12km以上の燃費なら悪くはないと思いますが、燃費を重視するならハイブリッド車との燃費性能の差は大きく感じるかもしれませんね。

ガソリン車、燃費の口コミ評価

引用元:https://lexus.jp/simulation/

レクサスUX200は実際に乗った方から燃費に関する口コミも寄せられています。

口コミサイトなどで確認したところ、ガソリン車のUX200の燃費に関しては下記のような評価がありました。

レクサスUX200 燃費口コミ

・冬の時期の一般道でリッター10.6km、高速を走ると伸びるかも。
レクサスUX200″F SPORT”

レクサスUX200の口コミでは、リッター10.6kmの口コミ感想が寄せられていました。

実燃費と比べると、1.5kmほど口コミを書かれた方の燃費が劣っていて、実際に走行すると報告されていた実燃費平均を少し下回る結果になるのではないかと思われます。

ただ、冬の時期はエアコンをつけて走行する方が多く、エアコンを着けていなくても車内が快適な温度に保てる春や秋などの時期なら燃費性能が向上する可能性もあります。

レクサスUX200は口コミで寄せられた燃費が10.6kmとなっていますが、高速なら燃費が伸びる可能性も高く、エアコンの有無などで実燃費に近い走行も期待できるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

レクサスUX、燃費から見てハイブリッドとガソリン車を買うならどっち?

引用元:https://lexus.jp/models/ux/

レクサスUXの購入を検討している場合、燃費性能から考えてハイブリッド車とガソリン車を比較するとどっちを買うか、悩む方もいると思います。

結論から言うと、燃費性能を重視してレクサスUXを購入する場合、ハイブリッド車を選んだ方が良いと思います。

レクサスUXはハイブリッド車の実燃費が18~19km、ガソリン車の実燃費が12~13kmとなっていて、ハイブリッド車とガソリン車は実燃費に5km以上の差があります。

燃費性能が5kmも違うと年間のガソリン費用が大きく違っていて、毎年長距離走行を行う場合には、大きな差が発生します。

例えば、年間3,000㎞と1万kmを走行する場合、実燃費を参考にガソリン費用を計算すると下記のようになります。

▼レクサスUX 年間ガソリン費 比較

レクサスUX ガソリン代 年間3,000㎞ 年間10,000㎞
ガソリン車 約35,000円 約116,667円
ハイブリッド車 約23,334円 約77,778円
差額 11,666円 38,889円

※上記の表はガソリン代140円、ガソリン車の燃費12km、ハイブリッド車の燃費18kmで計算しています。

最初にレクサスUXで年間3,000km走行する場合、ガソリン代はガソリン車が約35,000円、ハイブリッド車が約23,000円になり、3,000kmでの差額は11,666円となります。

年間3,000㎞ほどなら差額はそれほど大きくありませんが、年間1万円以上も差が出ていて、ハイブリッド車の方がガソリン代は抑えられます。

次にレクサスUXで年間1万km走行する場合のガソリン代ですが、1万km走行ならガソリン車が約11万6,667円、ハイブリッド車が約7万7,778円のガソリン代が必要で、1万km走行時の差額は3万8,889円となります。

年間1万km走行ならガソリン車、ハイブリッド車で3万8,000円以上の差額が発生していて、レクサスUXに長期間乗る場合はハイブリッド車の方がガソリン代を大きく抑えられます。

レクサスUXは燃費性能で購入モデルを考える場合、燃費はハイブリッド車が大きく勝っていて、ハイブリッド車の方が年間のガソリン代が安くなります。

特に長距離を走る場合、ガソリン車とハイブリッド車の価格差は大きくなるので、ガソリン代を抑えたいならハイブリッド車の購入を検討してみるのが良いと思います。

愛車の査定を50万円以上、高く査定してくれる事業者を探す方法

「愛車の売却どこにしたらいいか分からない…」
「愛車の売却は近くの中古車販売で妥協しようか…」
「下取りで値引きを大きくしたい…」
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」
などあなたにも
悩みがあるのではないでしょうか。

1,値引きを大きくして
新車を安く買いたい!

2,愛車を高く売りたい!

こんなあなたの望みを叶える
オススメの裏ワザを
ご紹介します!

下取り、愛車の売却は無料の一括査定サイトを使い最高値で売る!

ディーラーで20万円の下取りが
一括査定を使い80万円になることも
多々あります。

一括査定ではあなたの
愛車をガリバーなど
大手下取り会社の
最大10社が一括で
無料査定をしてくれるのです。

ここで出た最高値
車を売却することができます。

またその最高値を
ディーラーに伝え
値引き交渉に使うことで
値引きの限界を引き出す
ことも可能です。

一括査定を使うことで
愛車を最も高く
売却することが出来るのです。
※こちらは記事の上で紹介してるサービスと違い複数業者とのやり取りとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です