ハスラーで車中泊オススメグッズをブログから紹介

絶対に得する愛車の売り方

下取り、車の売却は必ず
無料査定サイトを使いましょう!
ディーラーでは20万円の下取りが、
買取業者では 80万円になることも
よくあります。

複数業者に査定をしてもらい
最高額で査定をしてくれた
1社のみとのやり取りとなります。

あなたの車の価値は日々下がっています。
愛車の売却を考えている場合は
早めに査定をしてもらいましょう。

ハスラーはオフロード走行にも使えるSUV車で、シートアレンジを利用すれば荷室を広く確保したり、車内で広い休憩スペースも作れます。

複数のシートアレンジが可能な点を活かし、ハスラーで寝泊りする人もいます。車中泊を行える車を探している時には、最大人数などは気になりますよね。

ハスラーは実際に車中泊を行った方からの報告も多数あって、オススメグッズの紹介などもされています。

今回はハスラーの車中泊の人数、グッズなどを中心に情報を紹介していきます。

スポンサーリンク


ハスラーで車中泊を2人できる仕様になってる?

引用元:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/interior/

ハスラーで車中泊をしてみようと考えている場合、最大で何人まで休むことができるか、気になりませんか?

結論から言うと、ハスラーの車中泊最大人数は最大2人ですが、グレード次第で車内の快適さは変わります。

まず、車中泊の最大人数が2人までの理由ですが、現行ハスラーは各グレードでフルフラットシートが標準装備されていて、各シートを倒してフラットな状態にアレンジできます。

▼ハスラー フルフラットアレンジ

引用元:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/luggage/

フルフラットシートアレンジを利用すれば、大人2人で休めるスペースを確保可能で、車中泊も楽しめるでしょう。

ただ、2人以上はハスラーのサイズ的にスペースが確保できず、車中泊をするのは難しいので、3人以上の車中泊は諦めた方が良いと思います。

また、車内泊を快適に行いたい時には、ハスラーGのCVT車以上のグレードを選ぶのがオススメです。

ハスラーA、ハスラーGのMT車は運転席シートリフターが装備されておらず、運転席の高さ調整が制限されます。

フロントシートの高さ調整が制限されているとシート間に段差ができる可能性があって、車中泊を快適に行うならG、Jグレードのシートリフターを装備しているモデルが有利になります。

他にもハスラーAはリアシートにスライド機構がなく、スライドを利用してシート間の隙間を埋めることができません。

その為、ハスラーAは他グレードと比べると段差、隙間ができやすく、車内泊には少し不向きかもしれません。

ハスラーは各グレードで最大2人の車中泊が可能ですが、ベースグレード車はシートアレンジに制限があるので、車中泊を候補に入れるならGのCVT車、Jグレードや特別仕様車を選ぶのが良いと思います。

スポンサーリンク

ハスラーで車中泊マット・カーテンはニトリがオススメの理由

引用元:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/luggage/

スズキ・ハスラーで車中泊を考えている場合、車中泊で使用するマット、カーテンはどのような製品が良いか、気になりませんか?

ハスラーは純正のオプション品として、ベッドクッション、プライバシーシェードが販売されていますが、口コミサイトなどでは、車中泊用のアイテムにニトリで販売されているマットやカーテンがオススメされています。

マット、カーテンにニトリ製品がオススメされている理由として、ニトリのマット、カーテンのサイズがハスラーのサイズに合っていて、収納スペースも確保しやすい点が大きいようです。

まず、マットに関してですが、ニトリは折り畳みマットレスを複数販売していて、特にハスラーには6つ折りサイズのマットレスが合うと感想を寄せている方が複数確認できました。

ニトリの6つ折りマットのサイズはハスラーのサイズに合っていて、広げると広げると縦200cm、横100cm、厚さ3cmのサイズとなり、フルフラット状態のシートの上を覆う形で配置できます。

さらにニトリの6つ折りマットは折り畳んでいる時のサイズが縦33cm、横100cm、厚さ18cmで、ハスラーの荷室に収納しやすく、マットの展開時、収納時のサイズがハスラーに合わせやすい点が車中泊用マットとして人気の理由になっています。

ただ、ニトリのマットは展開時、フロントシートとマットの間に少し段差が発生するようです。

しかし、クッションなどシート間に入れると段差を埋めることが可能で、多少の段差を気にしないなら大きな問題にはならないと思います。

次にカーテンに関してですが、ニトリのカーテンにはつっぱり棒を利用して装着できるカーテンが複数販売されています。

ハスラーで利用する場合、カーテンを通したつっぱり棒を天井に掛けておくことで外からの視線を遮り、車中泊時のプライバシー保護に役立てられます。

ただし、ニトリのカーテンは純正品ではない為、カーテンから光が漏れる可能性があって、遮光性能は低いかもしれません。

遮光性を重視する場合には、ハスラーのサイズに合わせてある純正オプションのカーテン、プライバシーシェードを利用するのが良いと思います。

ハスラーで車中泊を行う場合、マット、カーテンはニトリで販売されている品でも代用できるので、車中泊グッズの価格を抑えたい時には、ニトリ製マットの導入などを考えてみるのもオススメです。

スポンサーリンク

車中泊グッズを集めて自作できるかブログなどから検証

引用元:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/styling/

ハスラーで車中泊をしたいと考えている場合、車中泊に使うマット、シェードなどのグッズを集めて自身で車中泊仕様に改造できるか、気になりますよね。

ブログやツイッターで探してみると、ハスラーを車中泊仕様に改造している方は複数確認できます。

中には自作で様々な車中泊装備を作っている方もいて、ツイッターには画像を載せている方も確認できました。

例えば、ハスラーの車中泊仕様には、下記のような改造を行った方が確認できました。

上記の方はサイドの天井にレールを設置し、レールを活かしてカーテンの装着、天井にワイヤーネットを配置した収納スペースまで作っています。

さらに助手席スペースにマットを敷いて睡眠スペース、運転席裏には座椅子を置いて休憩スペースまで確保されています。

また、荷室スペースの中間にラゲッジボードが設置されていて、ボードは机としても使える為、食事スペースとしても利用できそうです。

一人で車中泊を行うならマットは半スペース分あれば良く、座って休めるスペースや収納スペースも確保されているので、上記の方の車中泊はかなり快適そうな印象を受けますね。

他にもハスラーの車中泊改造には、下記のような改造を行った方も確認できました。

上記の方の改造は助手席側に木製すのこを敷いてベッドの下地にしています。

ハスラーに限らず、車中泊を行う時にマットをシート上へ直に敷くと床がゴツゴツする感覚が残る場合があって、すのこ等でベッドスペースを確保すれば、ゴツゴツした感覚を解消できます。

さらにすのこ下にクッションシートを敷いておけば、車の床を傷つける心配もほとんどありません。

すのこ式のベッドは車中泊改造を行う時に優先して設置する方も多く、すのこスペースを移動時は荷物置き場、車内泊時は睡眠スペースなどの用途で使えます。

木製すのこはホームセンターなどで購入できる品なので、ハスラーのフルフラットシートを活かしてすのこ式のベッドスペースを作るのは良いかもしれませんね。

ハスラーでの車中泊まとめ♪荷物はパンパン!?

引用元:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/luggage/

今回はスズキ・ハスラーの車中泊の情報を紹介してきました。

ハスラーはシートアレンジを利用してフルフラットシートを実現できるSUV車で、ハスラーG以上のグレードならセカンドシートのスライド機構が標準装備されている為、各シートを折り畳めば最大2人まで休める広い休憩スペースを作れます。

さらにハスラーは実際に車中泊を行った方の報告も多く、車中泊用に改造したハスラーの報告も寄せられています。

例えば、ハスラーの改造として、ベッドスペースを木製すのこで作成している方が確認できました。

すのこを利用することで寝転んだ時のゴツゴツ感を無くせるので、車内泊の時には快適な睡眠が期待できると思います。

他にも天井にレールを設置し、レールを活かしてカーテンの配置、天井収納などの改造を行う方もいて、ホームセンターで購入できる品などでも様々な改造を行える可能性を感じました。

また、ハスラーは車中泊用のマットにニトリ製品を利用している方もいるようです。

ニトリのマットはハスラーのフルフラットアレンジ状態のサイズと合っていて、6つ折り仕様マットなら収納スペースも抑えられます。

カーテンもつっぱり棒式なら天井に装着するだけの簡単設置が可能で、マット、カーテン共に純正オプション品を買うより価格を大幅に抑えられます。

車中泊をハスラーでする上での注意点は、セカンドシートが利用可能状態だと、収納スペースを大きく確保できません

車中泊を行うならセカンドシートを折り畳む下記のようなシート状態にし、荷物の積み込みスペースを作っておくのがおすすめです。

▼ハスラー 2人乗りアレンジ

引用元:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/luggage/

ハスラーは車体サイズがコンパクトながら広い休憩スペースを確保できる車なので、様々な方の意見を参考に車中泊仕様に改造してみるのもいいかもしれませんね。

愛車の査定を50万円以上、高く査定してくれる事業者を探す方法

「愛車の売却どこにしたらいいか分からない…」
「愛車の売却は近くの中古車販売で妥協しようか…」
「下取りで値引きを大きくしたい…」
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」
などあなたにも
悩みがあるのではないでしょうか。

1,値引きを大きくして
新車を安く買いたい!

2,愛車を高く売りたい!

こんなあなたの望みを叶える
オススメの裏ワザを
ご紹介します!

下取り、愛車の売却は無料の一括査定サイトを使い最高値で売る!

ディーラーで20万円の下取りが
一括査定を使い80万円になることも
多々あります。

一括査定ではあなたの
愛車をガリバーなど
大手下取り会社の
最大10社が一括で
無料査定をしてくれるのです。

ここで出た最高値
車を売却することができます。

またその最高値を
ディーラーに伝え
値引き交渉に使うことで
値引きの限界を引き出す
ことも可能です。

一括査定を使うことで
愛車を最も高く
売却することが出来るのです。
※こちらは記事の上で紹介してるサービスと違い複数業者とのやり取りとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です