新型ランドクルーザープラドの値引き額の相場と最大化させる裏ワザ

絶対に損をしない下取り方法

下取り、車の売却は必ず
無料一括査定サイトを使いましょう!
ディーラーでは20万円の下取りが、
買取業者では 80万円になることも
よくあります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社
あなたの車の買取価格を
競ってくれるのです。
結果的に値段を吊り上げてくれ
高額査定を可能にしてくれます。

ランドクルーザープラドは1990年代から登場しているトヨタのSUV車種の1つです。

ランドクルーザーの派生車種として販売されているモデルですが、現行のプラドにはランクルにないディーゼル車の設定があって、ディーセルSUV車を求めている方などから高い人気を得ています。

また、ランドクルーザープラドは購入時、値引き交渉を行う方も多く、高額な値引きを行える交渉術は気になりませんか?

今回はランドクルーザープラドの値引き相場、値引き交渉術に関する情報を紹介していきます。

スポンサーリンク



新型ランドクルーザープラドの値引き相場額は?

引用元:https://toyota.jp/landcruiserprado/exterior/

現行のランドクルーザープラドは2009年から販売されている4代目モデルで、2017年にマイナーチェンジが実施されて性能が向上した新型がデビューしています。

新型ランクルプラドの購入を考えている場合、値引き交渉を行った時の相場額はどのぐらいなのか、気になりませんか?

口コミサイト「価格.com」で実際に値引きを行った方の報告を確認したところ、プラドの値引き相場は大体30~35万円ほどが多いようです。

プラドは各グレードで30万以上の値引きに成功した方の報告が多めで、30~35万円の値引き報告には下記のような内容が確認できました。

▼ランドクルーザープラド 値引き例

グレード名 本体値引き オプション値引き 総額
TX 20万 15万 35万
TX 25万 10万 35万
TX”Lパッケージ” 25万 5万 30万
TX”Lパッケージ” 20万 10万 30万
TX”Lパッケージ” 35万 0万 35万

ランドクルーザープラドの平均に近い値引き成功者の多くは本体額の値引き額が20万を超えていて、オプションも5~10万円の値引きに成功していました。

特に本体額は値引き額が高い方は30万以上も価格がダウンしていて、交渉次第で本体額だけでも大幅な値引きが期待できそうです。

オプションは高くても10万円ほどの値引き成功者が多めでしたが、15万円ほどの値引き報告も複数あって、オプションの複数装備などを行えば値引き額を伸ばせるかもしれませんね。

ランクルプラドは値引き額の相場は大体30~35万円ほどで、本体は20万円以上、オプションは5万円以上値引きできれば十分成功と言えるのではないでしょうか。

また、ランクルプラドの最高値引き額も紹介しておくと、価格.comの口コミで確認できたプラドの最高値引き額は50万円となっていました。

高額値引きの成功者は45~50万円の値引きに成功していて、値引き内容は下記のように内容が確認できました。

▼ランドクルーザープラド 高額値引き例

グレード名 本体値引き オプション値引き 総額
TX”Lパッケージ” 30万 20万 50万
TZ-G 30万 15万 45万
TZ-G 20万 30万 50万
TZ-G 45万 5万 50万

値引き額が45万円を超える高額値引き報告では、本体額だけで30万円以上値引きができている方が多く、オプションも20万円以上の高額値引きがありました。

一部の方は本体額だけで45万円も値引きできていて、購入時期、交渉次第では、本体額を大幅に値引きできる可能性が感じられます。

オプション値引きも30万円の高額値引き報告が寄せられていて、複数のオプション装着、高額オプションの購入を行った結果、値引き額が大幅に伸びたのかと思われます。

ランクルプラドの高額値引き成功者は最上位グレードのTZ-Gを購入している方が多めなので、最上位グレードを購入する場合には、相場を超える値引きを狙ってみるのもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

下取りなしでの値引き交渉術

引用元:https://toyota.jp/landcruiserprado/exterior/

ランドクルーザープラドの値引き交渉を検討している場合、下取りなしで値引き額アップを狙える交渉術は気になりますよね。

まず、ランクルプラドを値引きに期待して購入するなら、契約を行う時期を考えてから値引き交渉に行くのが良いと思います。

プラドに限らず、車の値引き交渉は決算時期に行うことがオススメされていて、特に決算時期は高額値引きが期待できる時期と言われています。

決算時期とは毎年の3月のことで、中間決算の時期となる9月も値引き額アップが期待できます。

なぜ、決算時期に値引き額が伸びやすいのか、というと、自動車メーカー側は決算時期に多くの台数を販売したいと思っていて、値引き額が少し高くなっても販売台数を伸ばしたいと考えているようです。

その為、決算時期は交渉側が値引き額高めの交渉を行っても応じてくれる可能性が高くなり、値引き額アップが期待できます。

ただし、交渉を行う時の注意点として、決算時期の月末に交渉に行くのは無駄足になる可能性があります。

決算時期の月末は契約を行っても車両登録などが次月の初旬に完了する可能性が高く、決算時期の売上には反映されません。

決算月の売上に反映されない契約は値引き額アップが難しいので、高額値引きを狙うなら遅くても決算月の3週目中には契約を行えるように交渉に行くのがオススメです。

次に下取りなしでプラドの値引き額を伸ばす方法として、見積書の持ち込んでの交渉方法があります。

見積書とは、他ディーラーで出してもらったプラドの見積書他社で販売されているライバル車の見積書の2つで、見積書があると本命ディーラーでの交渉に役立てられます。

最初に他ディーラーで出してもらったプラドの見積書ですが、各都道府県には同メーカーのディーラーが多数展開されていますが、各ディーラーはメーカーが同じでも値引き額が全て同じになるわけではありません。

同メーカーのディーラー同士でも他より売上を伸ばしたいと考えているところは多く、他ディーラーで出したプラドの見積書があれば、対抗して値引き額を伸ばしてくれる可能性があります。

その為、他ディーラーでプラドの見積書を出しておいてもらえば、見せながら交渉を進めることで、本命ディーラーでは他ディーラーより高い値引きが期待できます。

続いて、ライバル車の見積書に関してですが、ランクルプラドにはライバル車として、マツダ・CX-8、三菱・パジェロなどの車種があります。

▼CX-8

引用元:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/feature/design/

▼パジェロ

引用元:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/pajero/styling/

プラド購入時、CX-8やパジェロ等のライバル車の購入も検討しているとディーラーに伝えて見積書を見せると、対抗してプラドの価格を下げてくれる可能性があります。

ランドクルーザープラドの値引き交渉を行うなら、他ディーラー、ライバル車の見積書があると高額値引き交渉を進めやすいので、本命ディーラーに赴く前に見積書の準備をしておくのがオススメです。

そして、下取りなしで値引き額アップを狙う場合、ディーラーオプションの装備を検討してみるのも良いと思います。

ディーラーオプションとは、契約先のディーラーで取り付けが行われるオプション品のことで、購入されるとディーラー側の売上に繋がります。

プラドのディーラーオプションには、ナビ、エクステリアアクセサリー、インテリアアクセサリーなど、多数の種類があって、特にナビは購入後に取り付けを行う方も多いと思います。

ディーラーオプションのナビなどは社外製品より価格が高くなりますが、オプション品の複数取り付け、高額オプションの購入などを行えば、ディーラー側がオプション費用の値引きを行ってくれる可能性があります。

ランクルプラド購入後にナビやアクセサリーなどの装着を検討している場合には、純正品の安心感もあるディーラーオプションを購入し、オプション額の値引きを狙ってみるのも良いかもしれません。

スポンサーリンク

下取りありでの値引き額を最大化させる裏ワザ

引用元:https://toyota.jp/landcruiserprado/exterior/

上記では下取りなしでの交渉術を紹介しましたが、下取りありで値引き額を伸ばす場合、どのような方法を使えば値引き額の最大化を狙えるのか、気になりませんか?

下取りありで高額な値引きを狙うなら、一括査定サービスを利用して下取り車の見積もりを出しておくのが良いでしょう。

一括査定サービスとは、下取りに出す車を複数の会社に査定を行ってもらえるサービスで、査定のみを行ってもらえる為、下取りに出す会社は自身で選べます。

複数の会社に査定を行ってもらうと、後で一番高い会社を選んで車を売ることが可能で、下取り車の高額買取が期待できます。

さらに下取りの査定見積書はディーラーとの交渉時にも役立ちます。

ディーラーでの下取りは他の会社より査定額が下回ることも多く、提示された下取り価格に不満があった場合、他会社の下取り見積書をディーラーに見せて交渉を進めることで、下取り額がアップする可能性があります。

プラドを購入するディーラーに下取りを行ってもらう場合でも他会社の見積書は下取り価格アップに繋がる可能性があるので、事前に一括査定を利用し、見積書を出しておくと下取り車の高額買取に繋げられます。

愛車の査定を50万円以上、高く査定してくれる事業者を探す方法

「愛車の売却どこにしたらいいか分からない…」
「愛車の売却は近くの中古車販売で妥協しようか…」
「下取りで値引きを大きくしたい…」
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」
などあなたにも
悩みがあるのではないでしょうか。

1,値引きを大きくして
新車を安く買いたい!

2,愛車を高く売りたい!

こんなあなたの望みを叶える
オススメの裏ワザを
ご紹介します!

下取り、愛車の売却は無料の一括査定サイトを使い最高値で売る!

ディーラーで20万円の下取りが
一括査定を使い80万円になることも
多々あります。

一括査定ではあなたの
愛車をガリバーなど
大手下取り会社の
最大10社が一括で
無料査定をしてくれるのです。

ここで出た最高値
車を売却することができます。

またその最高値を
ディーラーに伝え
値引き交渉に使うことで
値引きの限界を引き出す
ことも可能です。

一括査定を使うことで
愛車を最も高く
売却することが出来るのです。
※こちらは記事の上で紹介してるサービスと違い複数業者とのやり取りとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です