新型ハリアーハイブリッドの燃費の実際は悪い!?旧型と比較

絶対に得する愛車の売り方

下取り、車の売却は必ず
無料査定サイトを使いましょう!
ディーラーでは20万円の下取りが、
買取業者では 80万円になることも
よくあります。

複数業者に査定をしてもらい
最高額で査定をしてくれた
1社のみとのやり取りとなります。

あなたの車の価値は日々下がっています。
愛車の売却を考えている場合は
早めに査定をしてもらいましょう。

トヨタ・ハリアーは1997年から登場したSUV車で、2018年現在は3代目モデルが市場で販売されています。

ハリアーの3代目モデルは2013年12月から登場していて、登場時はガソリン車のみが販売されていました。

しかし、2014年から2代目から追加されていたハイブリッド車も登場し、2017年にはパワーのあるガソリンターボエンジン車も新たに追加されています。

また、ハリアーのハイブリッド車は燃費を抑えて走行が期待できるモデルで、低燃費走行が狙えるSUV車を求めている方からは高い人気を誇っています。

新型ハリアーハイブリッドの燃費性能、旧型との燃費比較の情報などを紹介していきます。

 

スポンサーリンク


新型ハリアーハイブリッドの燃費の実際は?

引用元:https://toyota.jp/harrier/performance/eng_hv/?padid=ag341_from_harrier_perf_performance_eng_hv01

新型ハリアーの実際の燃費って気になったりしませんか?ハイブリッドだったら相当いいはず!と思うはずです。

ハリアーハイブリッドは公式サイトでカタログ燃費が確認可能で、口コミサイトには多数の実燃費情報も寄せられています。

カタログ燃費はどれくらい?

引用元:https://toyota.jp/harrier/performance/?padid=ag341_from_harrier_perf_performance01

ハリアーハイブリッドは公式サイトでJC08モードで計測したカタログ燃費が公開されています。

ハイブリッド車のカタログ燃費はベースグレードのELEGANT、上位グレードのPREMIUM、最上位グレードのPROGRESSで変化はなく、各グレードのカタログ燃費性能は下記の通りになります。

▼ハリアーハイブリッド カタログ燃費

エンジン性能 カタログ燃費
2.5L+モーター ハイブリッド 21.4km

ハイブリッドモデルのハリアーは2.5Lエンジンとモーターのハイブリッドエンジンが搭載されていて、JC08モードで計測されたカタログ上の燃費はリッターあたり21.4kmとなっています。

トヨタ・ハリアーはガソリン車の場合、排気量が2.0Lのエンジンが搭載されていますが、ハイブリッド車には2.5Lのエンジンが採用されていて、0.5Lほどハイブリッド車の方が排気量が増えています。

ただし、カタログの燃費性能はガソリン車よりハイブリッド車の方が大幅に良く、同じ4WD駆動のガソリン車とカタログ燃費を比べると、ハイブリッド車のカタログ燃費は6km以上勝っています。

また、FF駆動ガソリン車と比べてもハイブリッド車はカタログ燃費が5km以上勝っていて、新型ハリアーハイブリッドはガソリン車と比べて大幅に燃費を抑えて走行できるのが分かります。

燃費の実際って悪いのか?e-燃費、みんカラで比較

引用元:https://toyota.jp/harrier/performance/eng_hv/?padid=ag341_from_harrier_perf_performance_eng_hv01

新型ハリアーハイブリッドは口コミサイトで実際に購入した方から実燃費の情報が多数寄せられています。

口コミから燃費を算出してくれるサイトの「みんカラ」、「e燃費」で実燃費記録を確認したところ、2018年12月現在のハリアーハイブリッドの実燃費記録は下記の数値が確認できました。

▼ハリアーハイブリッド 実燃費

実燃費(みんカラ情報) 実燃費(e燃費情報)
約14km 約15km

まず、みんカラの実燃費ですが、みんカラに寄せられた実燃費平均記録は14.51kmとなっていました。

みんカラに寄せられた実燃費情報を確認すると、リッターあたり16km近い報告が900件以上も寄せられています。

しかし、リッターあたり14km近い報告も600件以上と多く、寄せられた実燃費報告の平均値は14.51㎞と報告数が多い16kmより低い結果が出ています。

e燃費の実燃費平均記録は約14.5kmとなっていました。

実際の燃費はe燃費での情報はリッターあたり14~15kmの報告が1000件を超えていて、リッターあたり13km台の報告も900件以上と多くありました。

また、e燃費に寄せられた実燃費の最新情報を確認してもリッターあたり14~16kmの報告が多く、リッターあたり18kmを超える報告はあまり確認できませんでした。

e燃費の報告はみんカラより少し悪い結果が多めで、多数の報告がある実燃費値は平均に近い数値が多くなっていると感じられました。

ただし、e燃費とみんカラ、の実燃費を見ていきましょう。実燃費平均の差は0.02kmとほとんど同じで、新型ハリアーハイブリッドは14~15kmほどで走行できている方が多いのがわかります。

みんカラ、e燃費共にハリアーハイブリッドの実燃費報告は14~16kmほどの報告が多く、ハリアーハイブリッドは実燃費平均に近い燃費で走行している方が多い印象を受けました。

スポンサーリンク

新型ハリアーハイブリッドの燃費を旧型と比較!

引用元:https://toyota.jp/harrier/grade/hy_elegance/?padid=ag341_from_harrier_grade_hy_elegance_thumb

トヨタ・ハリアーは2代目からハイブリッドエンジンを搭載したモデルが登場していて、新型ハリアーは旧型と比べて燃費性能がどう変わっているのか、気になりますよね。

最初にハリアーハイブリッドのカタログ燃費ですが、新型と旧型のカタログ燃費性能は下記の通りになります。

▼ハリアーハイブリッド カタログ燃費比較

旧型カタログ燃費 新型カタログ燃費
17.8km 21.4km

旧型ハリアーハイブリッドは3.3Lハイブリッドエンジンを搭載していて、カタログの燃費は10・15モード計測で17.8kmとなっていました。

新型ハリアーハイブリッドはエンジンが2.5Lハイブリッドに変更されていて、カタログ燃費はJC08モード計測で21.4kmとなっています。

旧型、新型を比べると、燃費の計測方法は違っていますが、新型の方がカタログでの燃費性能は大きく勝っていて、排気量も新型の方が抑えられています。

ハリアーハイブリッドの実燃費ってどんなもんなのという比較したところ、各モデルの実燃費記録は下記の通りになっていました。

▼ハリアーハイブリッド 実燃費比較

旧型実燃費平均 新型実燃費平均
約12km(みんカラ情報) 約14km(みんカラ情報)
約11km(e燃費情報) 約14km(e燃費情報)

まず、旧型の実燃費はみんカラの実燃費平均値が11.53kme燃費の実燃費平均値が約11kmとなっています。

みんカラに寄せられた報告を見てみると、リッターあたり12km近い報告が450件以上ありますが、リッターあたり10km近い報告も200件以上確認できました。

e燃費に寄せられた実燃費報告もリッターあたり10~12kmの報告が多数で、旧型ハリアーハイブリッドは実燃費平均に近いリッターあたり11kmほどで走行している方が多く感じられました。

続いて、新型ハリアーハイブリッドの実燃費はみんカラの平均値が14.51km、e燃費の平均値が14.49kmで、旧型より新型の方が実燃費平均は上回っています。

みんカラ、e燃費の実燃費平均は新型の方が旧型よりリッターあたり約3kmほど向上していて、新型にはリッターあたり20kmを越える実燃費報告も寄せられています。

また、新型ハリアーハイブリッドは実燃費の報告数が旧型より多く、旧型に比べて新型のハイブリッド車は高い人気を得ているのが感じられます。

ハリアーハイブリッドは旧型、新型を比較した場合、新型の方が燃費性能は大きく勝っていて、エンジン変更により燃費性能の向上を感じられる結果が確認できます。

 

スポンサーリンク

新型ハリアーハイブリッドの実燃費をリアルに評価

引用元:https://toyota.jp/harrier/exterior/?padid=ag341_from_harrier_top_exterior

新型ハリアーハイブリッドはカタログ燃費だと21.4kmと低燃費走行が期待できる記録が出ています。

しかし、実際に購入した方から寄せられている実燃費記録では、みんカラ、e燃費共に実燃費平均値は約14.5kmほどとなっていて、カタログ値と比べると6km以上劣っています。

新型ハリアーハイブリッドはカタログ燃費、実燃費平均を比べると燃費が少し悪く感じられますが、旧型のハリアーハイブリッドと比べると、新型の実燃費は約3㎞も向上していて、燃費性能の向上が図られているのがわかります。

さらに新型ハリアーのガソリン車と比べた場合、ガソリン車の実燃費平均は約11.5kmほどなので、ガソリン車よりハイブリッド車の方が3㎞ほど燃費が良い走行が期待できます。

また、口コミサイトで燃費に関する評価を確認したところ、新型ハリアーハイブリッドは燃費15kmほどで走行している方が多いですが、燃費に不満を持っている方は少なく感じられました。

街乗りでリッターあたり14km以上の記録が出ているのは、SUV車ながら悪くないと感じている方もいて、高速走行ならリッター17km以上を記録している方も確認できます。

当たり前のことかもしれませんが、カタログ燃費に迫る実際の燃費を出すのは難しいですが、リッターあたり14km以上の走行は期待できるので、燃費を抑えて走行できるSUV車を求めている際には購入候補に入れてみるのも良いと思います。

愛車の査定を50万円以上、高く査定してくれる事業者を探す方法

「愛車の売却どこにしたらいいか分からない…」
「愛車の売却は近くの中古車販売で妥協しようか…」
「下取りで値引きを大きくしたい…」
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」
などあなたにも
悩みがあるのではないでしょうか。

1,値引きを大きくして
新車を安く買いたい!

2,愛車を高く売りたい!

こんなあなたの望みを叶える
オススメの裏ワザを
ご紹介します!

下取り、愛車の売却は無料の一括査定サイトを使い最高値で売る!

ディーラーで20万円の下取りが
一括査定を使い80万円になることも
多々あります。

一括査定ではあなたの
愛車をガリバーなど
大手下取り会社の
最大10社が一括で
無料査定をしてくれるのです。

ここで出た最高値
車を売却することができます。

またその最高値を
ディーラーに伝え
値引き交渉に使うことで
値引きの限界を引き出す
ことも可能です。

一括査定を使うことで
愛車を最も高く
売却することが出来るのです。
※こちらは記事の上で紹介してるサービスと違い複数業者とのやり取りとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です