ジープラングラーアンリミテッド【新型】スポーツ・サハラの違いを評価!

絶対に得する愛車の売り方

下取り、車の売却は必ず
無料査定サイトを使いましょう!
ディーラーでは20万円の下取りが、
買取業者では 80万円になることも
よくあります。

複数業者に査定をしてもらい
最高額で査定をしてくれた
1社のみとのやり取りとなります。

あなたの車の価値は日々下がっています。
愛車の売却を考えている場合は
早めに査定をしてもらいましょう。

ジープラングラーは1987年から国内販売が行われている車種で、現在は新型の4代目モデルのラングラーが現行販売されています。

新型ラングラーはスポーツだけではなく、アンリミテッドモデルも登場していて、アンリミテッドスポーツ、アンリミテッドサハラローンチエディションの違いは気になりませんか?

今回はアンリミテッドスポーツ(UNLIMITED SPORT )とアンリミテッドサハラローンチエディション(UNLIMITED SAHARA LAUNCH EDITION)の違いを徹底的に比較していきます。

スポンサーリンク


価格の違いを評価

引用元:https://www.jeep-japan.com/wrangler-jl/gallery.html

ジープラングラーアンリミテッドの購入を考えている場合、アンリミテッドスポーツ、サハラは価格がどのぐらい違うのか検証していきましょう。

アンリミテッドスポーツとサハラは価格でも大きな差ができていて、価格面を重視するなら選択するモデルも絞られると思います。

最初にジープラングラー新型の各グレード価格を確認してみましょう。

グレード名 価格
スポーツ 4,590,000円~
アンリミテッドスポーツ 4,940,000円~
アンリミテッドサハラローンチエディション 5,300,000円~

ジープラングラーの新型はスポーツ、アンリミテッドスポーツ、アンリミテッドサハラローンチエディションの3つのグレード体系で販売されています。

アンリミテッドモデルはアンリミテッドスポーツが494万円から、アンリミテッドサハラローンチエディションが530万円から購入が狙えます。

スポーツ、サハラの価格を比べると、アンリミテッドスポーツの方が36万円安く、価格面ではアンリミテッドスポーツのほうが有利になります。

なぜラングラーのアンリミテッドスポーツ、アンリミテッドサハラローンチエディションに36万円も差ができているのかというと、各グレードの装備の違いが大きな理由になっていると思われます。

まず、エンジンの違いですが、ジープラングラーアンリミテッドはスポーツに2.0Lガソリンターボエンジン、サハラに3.6Lガソリンエンジンが搭載されています。

アンリミテッドモデルはスポーツ、サハラで搭載エンジンが違うので、エンジンが異なっている点が価格違いの1つの要素になっていると思われます。

他にも価格に差を付けている要素として、各種装備の違いもあります。

アンリミテッドスポーツはスポーツモデルと多くの装備が共通していて、ベースグレード車に近い装備が搭載されています。

アンリミテッドサハラはエクステリアだとLEDライトが標準装備となり、ホイールサイズが18インチにインチアップされている等、スポーツモデルとの装備違いがあります。

内装にもサハラにはナビが標準搭載、レザーシートが採用など、各種装備がスポーツ、サハラで大きく違っています。

アンリミテッドモデルはサハラの方がランクが高い装備が搭載されていて、装備が整っているアンリミテッドサハラの方が価格が高額になっています。

ジープラングラーは価格面で見ると、アンリミテッドスポーツの方が安く、価格を抑えて購入できます。

しかし、アンリミテッドサハラローンチエディションは各種装備が整っているモデルなので、乗り心地の快適さアップ、車の利便性アップを狙うなら、アンリミテッドサハラを選んでみるのもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

燃費の違いを評価

引用元:https://www.jeep-japan.com/wrangler-jl/gallery.html

ジープラングラーアンリミテッドを購入候補として考えている場合、スポーツとサハラの燃費の違いは気になりませんか?

アンリミテッドモデルは搭載エンジンが違うので、カタログの燃費性能はスポーツ、サハラで異なります。

まず、ジープラングラーアンリミテッドのカタログ燃費性能を確認していきましょう。

グレード名 カタログ燃費(JC08モード)
アンリミテッドスポーツ 11.5km
アンリミテッドサハラローンチエディション 9.2km

スポーツ、サハラはカタログ燃費を比べると、アンリミテッドスポーツの方がカタログ燃費は良い結果が出ています。

アンリミテッドスポーツは2.0Lガソリンターボエンジンが搭載されていますが、ターボ車ながらカタログ値はリッター11kmを越えています。

アンリミテッドサハラローンチエディションは3.6Lガソリンエンジンを搭載していて、カタログ燃費は9.2kmとスポーツより2km以上劣っています。

ただ、多くの車種はカタログ値に近い数値で走行するのは難しく、新型ジープラングラーも実燃費はカタログ値より劣ると思われます。

実燃費に関する報告は2019年1月現在は確認できませんでしたが、JC08カタログ値と実燃費は比べると約3割ほど実燃費が劣る結果が多くなります。

カタログから約3割ほど低い実燃費を予想すると、恐らくラングラーアンリミテッドの実燃費はスポーツが8~9km、サハラが6~7kmほどに近い数値になるのではないでしょうか。

ジープラングラー新型はカタログ値を見るとアンリミテッドスポーツの方が燃費性能が高く、実燃費もスポーツの方が良くなると思われます。

燃費を重視してグレードを選ぶ場合には、ジープラングラーアンリミテッドスポーツの方が有利に感じられますね。

スポンサーリンク

サイズの違いを評価

引用元:https://www.jeep-japan.com/wrangler-jl/gallery.html

ジープラングラーアンリミテッドはスポーツ、サハラの2つのグレードがありますが、各グレードで車体サイズは違っているのか、気になりませんか?

アンリミテッドスポーツ、アンリミテッドサハラは同じ4ドアモデルですが、各グレードで車体サイズは少し違っています。

まず、ジープラングラーアンリミテッドの各グレード別のサイズを確認してみましょう。

▼ジープラングラーアンリミテッド サイズ

グレード名 全長 全幅 全高
アンリミテッドスポーツ 4,870mm 1,895mm 1,845mm
アンリミテッドサハラローンチエディション 4,870mm 1,895mm 1,840mm

ラングラーアンリミテッドのスポーツ、サハラはサイズを比べると、車体サイズはアンリミテッドサハラが小さく、アンリミテッドスポーツの方が大きいという結果になります。

ただ、スポーツ、サハラの車体サイズは全長、全幅は同じで、違っているのは全高のみとなっています。

全高のサイズを比べると、スポーツが1,845mmなのに対し、サハラは1,840mmで、高さに5mmの差があります。

差はたったの5mmなので、グレードによってサイズに大きな違いは感じず、どちらのグレードを選んでも駐車時等にサイズの違いで環境が変化することはないでしょう。

ジープラングラーアンリミテッドはスポーツ、サハラローンチエディションで車体の高さが5mm違うだけなので、サイズの違いはスポーツ、サハラを選ぶ時に大きな影響は出ないと思われます。

アンリミテッドスポーツとサハラローンチエディションの違いまとめ

引用元:https://www.jeep-japan.com/wrangler-jl/exterior.html

今回はジープラングラーアンリミテッドの価格、燃費、サイズの違いを紹介してきました。

アンリミテッドスポーツはサハラに比べると価格が安く、燃費が優れているモデルで、価格を抑えたいなら候補に入りやすいモデルだと思います。

サハラローンチエディションはスポーツと比べると、車体の高さが低く、装備が整っているモデルで、乗り心地を重視するならサハラの方が候補に入るのではないでしょうか。

また、今回は価格や燃費などの違いを紹介しましたが、スポーツ、サハラにはボディーカラー設定の違いもあります。

スポーツモデルはカラー設定がホワイト、ブラック、グラナイトクリスタルメタリック、レッドの4色ですが、サハラはレッドの設定はなく、レッドの代わりにパンプキンメタリックを追加した4色の構成で販売されています。

アンリミテッドスポーツ、アンリミテッドサハラはボディーが全4色という点は共通していますが、1色のみカラー設定が違っていて、レッドが好みならスポーツ、パンプキンカラーが好みならサハラという選び方もできます。

他にもスポーツ、サハラには、ルーフ、フェンダー、リヤクォーターパネルのカラーに違いがあります。

アンリミテッドサハラはルーフ、リヤクォーターパネル等はボディーと同色になりますが、スポーツモデルはルーフ、フェンダー、リヤクォーターパネルのカラーがブラックに固定されています。

その為、スポーツモデルはルーフと車体のカラーが違う2トーンカラーになるので、2トーン仕様車が好みならスポーツモデルを選んでみるのも良いと思います。

ジープラングラーアンリミテッドは価格、燃費はスポーツが有利ですが、装備の充実さ、車体サイズの小ささはサハラが優れています。

スポーツ、サハラはボディーカラー等にも違いがあるので、価格、装備、カラーなど、自身が重視したいポイントでスポーツかサハラを選ぶのもいいかもしれませんね。

愛車の査定を50万円以上、高く査定してくれる事業者を探す方法

「愛車の売却どこにしたらいいか分からない…」
「愛車の売却は近くの中古車販売で妥協しようか…」
「下取りで値引きを大きくしたい…」
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」
などあなたにも
悩みがあるのではないでしょうか。

1,値引きを大きくして
新車を安く買いたい!

2,愛車を高く売りたい!

こんなあなたの望みを叶える
オススメの裏ワザを
ご紹介します!

下取り、愛車の売却は無料の一括査定サイトを使い最高値で売る!

ディーラーで20万円の下取りが
一括査定を使い80万円になることも
多々あります。

一括査定ではあなたの
愛車をガリバーなど
大手下取り会社の
最大10社が一括で
無料査定をしてくれるのです。

ここで出た最高値
車を売却することができます。

またその最高値を
ディーラーに伝え
値引き交渉に使うことで
値引きの限界を引き出す
ことも可能です。

一括査定を使うことで
愛車を最も高く
売却することが出来るのです。
※こちらは記事の上で紹介してるサービスと違い複数業者とのやり取りとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です