ボルボ新型XC40の値引き相場は!?限界まで引き出す!

SUV車の購入を考えている場合、他の人と被りにくい希少感を味わえる外車を選ぶ方もいると思います。

外車SUVは多数の車種がありますが、スウェーデン自動車メーカーのボルボのSUV車を候補に入れる方は多く、2018年に日本でデビューしたばかりの新型XC40を絶対に購入したいけど価格を抑えたいと考えたりしてはいませんか?

ボルボ・XC40は値引き交渉レポートが購入した人から寄せられています。XC40は値引き交渉を行うとどのぐらい値引きが狙えるのか、気になりますよね。

今回はボルボ・XC40の値引き相場や交渉術に関する情報を紹介していきます。

スポンサーリンク



XC40の値引きレポートから相場はどれくらい?

引用元:https://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/xc40

ボルボ・XC40の新車の値引きなんて出来ないと考えていませんか?

口コミサイト「価格.com」には実際に購入した方の値引き報告が寄せられていて、多くの方の情報を参考に相場を確認できます。

まず、XC40の値引きレポートの一部をピックアップしていくので、確認していきましょう。

▼XC40 値引きレポート

XC40 グレード名 本体値引き オプション値引き 値引き総額
T4 AWD R-Design 0円 0円 0円
T5 AWD R-Design 0円 0円 0円
T5 AWD R-Design 0円 0円 0円
T4 AWD Inscription 10万円 0円 10万円
T5 AWD R-Design 0円 10万円 10万円

口コミサイトを確認すると、ボルボ・XC40は値引きが0~10万円がほとんどでした。

価格.comの口コミでは、値引き額なしで購入している方が多めで、総額0円の値引き報告が多数ありました。

一部の方は10万円ほどの値引きに成功していましたが、本体額の10万円を超える値引き報告は数件しかなく、XC40の値引き額は渋い印象を受けます。

そして、XC40の高額な値引き報告ですが、口コミサイトを確認したところ、下記のような値引き報告が確認できました。

▼XC40 高額値引きレポート

XC40 グレード名 本体値引き オプション値引き 値引き総額
T5 AWD R-Design 20万 0万 20万
T4 AWD Inscription 20万 25万 45万

口コミサイトの値引き報告では、XC40の最高値引き額は45万円で、20万円の値引き報告もありました。

最高値引きの報告結果では、T4の最上位グレードInscriptionを選んで本体額が20万円、オプションが25万円の値引きに成功していて、特にオプションの値引き額が高額になっています。

オプション値引き額が25万円となっていますが、恐らく多数のオプション、高額なオプションを装着した為、オプション値引きが高額になったのではないか、と思われます。

本体額も値引き額が20万円と大きく、上手く交渉が進めばXC40は本体額だけで20万円近い値引きは狙えるのかもしれません。

ボルボXC40は10万円以下の値引き交渉も多いですが、一部の方は20万円を超える値引きに成功していて、オプション値引きを含めて高額なら30万円近い値引きは狙える可能性があります。

スポンサーリンク

XC40の値引き額の限界を最大化させる方法

引用元:https://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/xc40

ボルボXC40を購入する場合、値引き額を限界まで伸ばすにはどのような方法があるのか、気になりませんか?

XC40購入時に値引き額を限界まで引き出したい場合、下取り車を活かして価格ダウンを狙うのが最大化に繋がる方法の一つにあげることができます。

新車購入の際、たくさんの人は前車を下取りに出して新車購入の価格ダウンを狙うと思います。

下取り車はディーラーで引き取ってもらうことが可能で、ディーラーで引き取ってもらうと下取り価格分、新車の購入価格ダウンが狙えます。

しかし、ディーラーで引き取ってもらう場合、他の会社より下取り額が低額になることも多く、下取り車の買取額を最大まで伸ばすなら一括査定サービスを使うのがオススメされています。

一括査定サービスとは、申し込むことで複数の査定会社に車の下取り査定を行ってもらえるサービスで、複数の会社に買取額の査定をしてもらうことができるのです。

査定のみなので、下取り先の会社は自身で選ぶことが可能で、事前に各会社の査定額を知っておけば、ディーラーでの下取り時に査定額を比べられます。

ディーラー下取りは注意が必要です。下取り額が他会社の査定額より低い場合、ディーラー側にその旨を話して交渉すると買取額が大きくアップする可能性も秘めており、値引き額の最大化に繋がります。

また、ディーラー側の買取額が変わらない場合には、前車を高額買取してもらえる他の会社に下取りしてもらうことも可能なので、一括査定サービスを利用しておけば、前車の高額買取に役立てられます。

ただし、一括査定サービスの査定額を把握した後、ディーラーと買取額アップの交渉を行う場合には、交渉の直前に一括査定サービスを利用しておくのが良いでしょう。

車の買取額は期間が経つと変化する場合があって、時間が経過している査定書はディーラーとの交渉時に見せても下取り額アップの役には立ちません。

他会社の査定額と比べて前車の買取額アップの交渉を行う時には、交渉直前に査定サービスを利用し、買取額が高い査定書を持ってディーラーに行くのが良いと思います。

スポンサーリンク

ボルボでのXC40の値引き交渉術!

引用元:https://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/xc40

ボルボ・XC40の購入を考えている場合、ディーラーとの値引き交渉を進めやすくする為にどのような交渉術があるのか、気になりませんか?

XC40の値引きを狙っている場合には、見積書の競合、オプションの購入、購入時期の3つを重視し、交渉に挑んでみるのがいいかもしれません。

見積書の競合

まず、XC40の値引き交渉をスムーズに進めたいなら、他ディーラーの見積書と競合させてみるのが良いと思います。

XC40の交渉が行えるディーラーのボルボ・カーは多くの都道府県に展開されていて、同じ県内で2つ以上のディーラーがある県もあります。

他ディーラーの見積書を使って値引き交渉を行う場合、本命ディーラーに赴く前に他のディーラーでXC40の見積書を発行してもらいます。

その後、XC40の見積書を持って本命ディーラーに赴き、価格交渉時に他ディーラーの見積書を見せると、本命ディーラーは同じメーカーでも他ディーラーに対抗し、価格を少し下げてくれる場合があります。

他ディーラーの見積書が値引き額0円だった場合でも本命ディーラーに見せながら交渉すると、本命側では対抗して値引きが行われる可能性があるので、値引き交渉を行うなら他ディーラーに事前に行って見積書を発行した後、本命ディーラーに行くのが良いでしょう。

また、近くにボルボ・カーのディーラーがない場合には、ライバル車の見積書を用意し、値引き交渉を行ってみるのも良いと思います。

ディーラーとの交渉時、「XC40以外にライバル車の購入も検討している」と伝えてライバル車の見積書を見せると、対抗してXC40の本体額の値引きを行ってくれる可能性があります。

XC40の場合、ライバル車として競合に出すならベンツ・GLA、アウディ・Q3が向いていると思います。

▼ベンツ・GLAクラス

引用元:https://www.mercedes-benz.co.jp/passengercars/mercedes-benz-cars/models/gla/gla-suv/explore.html

▼アウディ・Q3

引用元:https://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/q3/q3.html

ベンツ・GLAクラス、アウディ・Q3はボルボ・XC40と同じ外車SUVで、サイズが抑えられているコンパクトSUV車です。

車体サイズはXC40、GLA、Q3のどれも近く、性能面も似ているところがあるので、XC40の交渉時、GLA、Q3の見積書を持っていくと、値引き交渉がスムーズに進められるかもしれません。

特にアウディ・Q3は価格面もボルボ・XC40に近い車種なので、ライバル車として引き合いに出すなら向いていると思います。

また、ベンツやアウディのディーラーが近場になく、見積書の発行が難しいなら、トヨタ・CH-R、ホンダ・ヴェゼルの上位グレード車の見積書を用意してみるのも良いと思います。

C-HR、ヴェゼルはXC40ほど価格が高い車種ではありませんが、上位グレードを選ぶとXC40との価格差が縮められます。

国産車に近い価格まで値下げしてもらうのは不可能ですが、国産コンパクトSUV車も候補に入っていると知れば、ディーラー側がXC40の本体額を少し下げてくれる可能性もあります。

ボルボ・カーのディーラーにXC40の交渉に行く場合には、ベンツ・GLA、アウディ・Q3、トヨタ・C-HR、ホンダ・ヴェゼルなど、ライバル車の見積書を事前に用意し、値引き交渉に挑んでみるのもオススメです。

オプション品の購入

ボルボ・XC40の値引き交渉を行う時には、オプション装備の購入を検討してみるのも良いかもしれません。

XC40は様々なアクセサリーが純正オプション品として販売されていて、購入したディーラー側で取り付けが行われるオプションも多数あります。

例えば、荷室に装着する「ラゲッジネット」、「ラゲッジトレー」、シートに装着する「ヘッドレスト」など、車の利便性アップ、快適さアップが狙えるアイテムが多数販売されています。

▼ラゲッジネット

引用元:https://www.volvocars.com/jp/build/suv/xc40

▼ラゲッジトレー

引用元:https://www.volvocars.com/jp/build/suv/xc40

▼ヘッドレスト

引用元:https://www.volvocars.com/jp/build/suv/xc40

ディーラーで装着するオプション装備を多数購入した場合、オプション総額から値引きが行われることも多いので、購入後に装着予定があるアクセサリーは純正品の購入を検討してみるのも良いと思います。

ただし、サンルーフ、パワーテールゲートなど、メーカー側で取り付けが行われるオプションは装着してもオプション値引きは狙えません。

オプション値引きを狙う場合には、室内に装着する小物など、ディーラー側で取り付けが行われるアクセサリーを選択していくのが良いでしょう。

XC40の購入時にオプション品を装着すると、総額は伸びますが、純正オプションは社外品と違って安心感があるので、車内製品は純正オプション品で揃えることを検討し、オプション額の値引きを狙ってみるのもオススメです。

購入時期

ボルボ・XC40の購入を検討している場合、購入する時期次第で値引き額アップの交渉がスムーズに進む可能性があります。

国産車は値引き額アップを狙う場合、3月、9月の時期がオススメされていますが、XC40の値引き額アップを狙うなら7月を狙って交渉に行くのがオススメです。

なぜ、7月がオススメされているのか、というと、外車は毎年少しの仕様変更、改良を行う車種が多く、仕様変更等は夏が終わる時期の9月ほどに行われることが多くなっています。

その為、7月、8月の時期は現行モデルの末期となり、数ヵ月後に改良モデルがデビューする可能性が高いので、仕様変更、改良前には現行モデルの値引き交渉に応じてくれやすいと言われています。

数ヵ月後に新型がデビューするのなら待った方が良いのでは?と思うかもしれませんが、新型デビュー後は値引き交渉を行っても応じてくれる可能性は低いので、高額な値引き交渉はしにくいです。

また、仕様変更、改良は大幅な性能変更が実施されることは少なく、大きな変更を行うモデルチェンジ、マイナーチェンジは実施前に告知があると思われます。

値引き額を伸ばしたいと思っていて、現行モデルの性能に満足している場合には、7月ほどの時期を狙って交渉へ赴き、高額値引きを狙ってみるのが良いと思います。

愛車の査定を50万円以上、高く査定してくれる事業者を探す方法

「愛車の売却どこにしたらいいか分からない…」
「愛車の売却は近くの中古車販売で妥協しようか…」
「下取りで値引きを大きくしたい…」
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」
などあなたにも
悩みがあるのではないでしょうか。

1,値引きを大きくして
新車を安く買いたい!

2,愛車を高く売りたい!

こんなあなたの望みを叶える
オススメの裏ワザを
ご紹介します!

下取り、愛車の売却は無料の一括査定サイトを使い最高値で売る!

ディーラーで20万円の下取りが
一括査定を使い80万円になることも
多々あります。

一括査定ではあなたの
愛車をガリバーなど
大手下取り会社の
最大10社が一括で
無料査定をしてくれるのです。

ここで出た最高値
車を売却することができます。

またその最高値を
ディーラーに伝え
値引き交渉に使うことで
値引きの限界を引き出す
ことも可能です。

一括査定を使うことで
愛車を最も高く
売却することが出来るのです。
※こちらは記事の上で紹介してるサービスと違い複数業者とのやり取りとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です