CX-5の試乗レポート!動画やブログなどから紹介!

絶対に損をしない下取り方法

下取り、車の売却は必ず
無料一括査定サイトを使いましょう!
ディーラーでは20万円の下取りが、
買取業者では 80万円になることも
よくあります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社
あなたの車の買取価格を
競ってくれるのです。
結果的に値段を吊り上げてくれ
高額査定を可能にしてくれます。

CX-5の試乗レポート!動画やブログなどから紹介!

マツダSUVの三兄弟の次男にあたるCX-5は市場でどのような評価を受けているのか? 一般ユーザーの声を拾ってみました。

スポンサーリンク



CX-5の試乗車に乗りたいけど簡単に乗れる?

引用:http://www.mazda.co.jp/

?他社と同様に、マツダもネットで試乗予約を受け付けています。

普段から馴染みのマツダディーラーがあるのなら、直接交渉しても可能ですが、ネット経由が簡単です。

まず、試乗希望車種を入れて自分の住所を入れれば、至近のディーラーからCX-5を試乗車に持つディーラーが選ばれて表示されますから、希望日時と試乗車の都合が合えば予約が完了します。

追って、販売担当者から電話で試乗日時の確認コールがあります。

グレードまで厳密に指定すると、近くのディーラーにはなくて、遠くのディーラーまで足を運ぶ必要が出てきそうです。

私自身が試してみたら、至近2kmのディーラーにガソリン、ディーゼルの試乗車があったので、試乗車の玉不足の心配はCX-5に関する限りなさそうです。

スポンサーリンク

CX-5の試乗の個人ブログから口コミレポートまとめ

一般ユーザーの口コミ情報をまとめてみます。

現在売られているCX-5には、2L,2.5Lのガソリン車と2.2Lのディーゼル車があります。

エンジン性能に関する口コミだけには、エンジン仕様がわかるようにグレード記号を付けて紹介します。

エクステリア
  • はっとするほど美しいソウルレッドクリスタルメタリック
  • 国産車でこれだけ美しい車を見たことがない
  • 購入の決め手になった

ほとんどのコメントは、CX-5購入者のものなので、エクステリアに関しての不満はありません。

むしろ、購入の決め手になったとのコメントが目につきます。

最近のマツダデザインへの評価は、好き嫌いを超えて高いものがあります。

世界的なデザインの専門家で構成される“最も美しい市販車”部門で高く評価された実績もあります。

CMに登場している“マツダの赤“も好評です。

インテリア
  • 落ち着ける空間
  • 肘掛は前後や高さの調整ができたらいいなと思います
  • プロアクティブ仕様でも充分な出来栄え
  • マツダコネクトはまだ改善の余地がある
  • スイッチ類が必要最低限で使いやすくそれでいて統一感がありこれまた美しい

好評のエクステリアデザインだけでなく、インテリアデザインも好評です。

5番目のコメントにある“統一感”は、筆者も感じています。

けっして華美でなくシンプルで質感が高いデザインは、ベーシックグレードであっても好評を博している理由かもしれません。

不満点としては、オプションのマツダコネクトの使い勝手の悪さがあげられています。

この分野は、トヨタ、ホンダが一歩先を行っているようでマツダ車の弱点かもしれません。


引用:http://www.mazda.co.jp/

エンジン性能
  • ガソリンエンジンに近い大人しいディーゼルの加速感と減速感(XD)
  • 2Lガソリンだが出足も軽くストレスは感じない(20S)
  • 予想以上にパワーがあってびっくりしました(20S)

ここには、2Lガソリン(20S)と、2.2Lディーゼル(XD)しか載せていませんが、ガソリン仕様には2.5Lを積む25Sもあります。

あえて、低出力仕様のコメントを載せているのは、低出力仕様であっても評価が高いからです。

絶対的なパワーは決して飛びぬけているわけではありませんが、好評の原因はドライバーのアクセル操作に対するエンジンの反応の良さだと言えそうです。

同じことが、ディーゼルエンジン仕様(XD)にも言えます。

筆者自身、10年ほど前にマツダのアクセラを試乗した当時と比べて、現CX-5のスポーティでありながら、同時に極自然なエンジンの応答性に進化と深化を感じさせられました。

マツダが、近年訴求している点でもありますが、ドライバ―の感覚に寄り添い、運転が楽しくなる特性をクルマに持たせているためだと思います。


引用:http://www.mazda.co.jp/

走行性能

走行性能
  • 直進もカーブも安定感があります
  • ハンドリングは大型車と思えないくらい軽やか
  • こんなにも横Gを感じずにカーブを曲がれるとは思わず購入して一番びっくり

エンジン性能と同様、総じて好評なコメントばかりが目につきました。

操縦安定性と軽やかさが上手くバランスしているようです。

G-ベクタリングと呼ばれる制御が、カーブ通過時と直進時の安心感に貢献しているようです。

一般的に、重量が重く重心の高いこのクラスのSUVにとって、低重心のセダンタイプに対して不利なはずですが、CX-5の評価を見る限り不満がなく、好評です。

乗り心地
  • 道によってはロードノイズがすごい
  • 速度が速い方が、いなし方がうまい気がします
  • 静かで快適だが、強いていえばロードノイズが気になる

乗り心地は好評で、車内音も静かで好評なのですが、ノードノイズに関して不満が散見されます。

一般的に、エンジン駆動系と風切り音が押え込まれて、車内騒音レベルが下がってくると、クローズアップされてくるのがロードノイズです。

路面の痛み具合や、種類によってレベルが大きく変動するノイズ源であることも一因です。

車室内が静かになったことの証明でもありますが、更なる快適性向上のための課題と言えるかもしれません。

燃費

実燃費は、燃費口コミサイトであるe-nennpiによると、ディーゼル仕様が13~14km/L、ガソリン仕様が11~12km/Lといったところです。

車両重量が約1.6tの、このクラスのSUVとしては、平均以上の実燃費だと言えます。

ユーザーの満足度が格段に高いわけではありませんが、中ではディーゼルの満足度が高く、ガソリンでも不満のコメントはほとんど見つかりません。

もともとCX-5を購入するユーザーにとって、燃費が購入重視点ではないようで、上記の実燃費は十分に納得できる範囲のようです。

価格
  • 値引きに不満がありますが、車の性能や装備を考えると妥当
  • この完成度でよくここまでの価格設定ができたと驚く
  • 性能を考えたら非常にお買い得

 

購入条件は、個々のケースで色々なので値引き額が少なかったとの不満の声もありますが、総じて好評です。

昔から“マツダは安い”という定評がありましたが、CX-5の価格への評価の高さは、これを超えているように感じます。

性能の割りにとか、高い質感に対してとか、というコメントが多くみられるからです。

価格は、それに見合った価値が得られる限り納得できるものですから、CX-5への満足度の高さの裏返しが、価格への好評に表れているのだと思います。

性能項目毎に、評価をまとめると以上になりますが、総評ともいえるクルマ全体についてのコメントで、いくつか気になるものを拾ってみました。

1つ目は、モデルチェンジサイクルに関するものです。

現CX-5は、2017年の2月に発売開始されたのですが、一年後の今年早くもマイナーチェンジされました。

より良い技術を遅滞なく製品に反映するというマツダの考え方も理解できますが、最新モデルを買ったつもりのユーザーにとっては、一年後に旧モデルになることに、わだかまりを感じたとしても責められません。

実際に、この主旨のコメントが見られます。

少し意地悪に聞こえるかもしれませんが、アプリでしばしば経験する“バージョンアップ”という名の“バグ修正”を連想してしまいます。

やはりクルマのモデルチェンジは、常識的な年月を隔てて行うべきだと思います。

スポンサーリンク

CX-5の試乗の動画を紹介


【ガソリンターボエンジン新搭載】CX-5 発表前シークレット試乗会 / MAZDA公式

マツダのテストコースに、発売前にユーザーを招待して行った試乗会を紹介した約4分半の動画です。

試乗車は、2.5Lガソリンターボ車です。

マツダ自身が宣伝用に作成しているのでネガティブな評価が一切ないのは当たり前ですが、試乗したユーザーの言葉だけでなく表情から伝わってくる感動に、嘘は無さそうです。

伝わってくるのは、“気持ち良い”という形容詞です。

加速感にしろ、ハンドリングにしろ、マツダが目指したものが上手くクルマに結実して、この気持ちよさを実現しているのだと、納得させられます。


CM紹介

30秒のCM動画です。

マツダが訴求しているのは、数字で表せる性能ではなく、感性に訴えかける高質感のようです。

愛車の査定を50万円以上、高く査定してくれる事業者を探す方法

「愛車の売却どこにしたらいいか分からない…」
「愛車の売却は近くの中古車販売で妥協しようか…」
「下取りで値引きを大きくしたい…」
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」
などあなたにも
悩みがあるのではないでしょうか。

1,値引きを大きくして
新車を安く買いたい!

2,愛車を高く売りたい!

こんなあなたの望みを叶える
オススメの裏ワザを
ご紹介します!

下取り、愛車の売却は無料の一括査定サイトを使い最高値で売る!

ディーラーで20万円の下取りが
一括査定を使い80万円になることも
多々あります。

一括査定ではあなたの
愛車をガリバーなど
大手下取り会社の
最大10社が一括で
無料査定をしてくれるのです。

ここで出た最高値
車を売却することができます。

またその最高値を
ディーラーに伝え
値引き交渉に使うことで
値引きの限界を引き出す
ことも可能です。

一括査定を使うことで
愛車を最も高く
売却することが出来るのです。
※こちらは記事の上で紹介してるサービスと違い複数業者とのやり取りとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です