ハリアーで車中泊の方法や改造のブログ紹介!マットやグッズも紹介!

絶対に損をしない下取り方法

下取り、車の売却は必ず
無料一括査定サイトを使いましょう!
ディーラーでは20万円の下取りが、
買取業者では 80万円になることも
よくあります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社
あなたの車の買取価格を
競ってくれるのです。
結果的に値段を吊り上げてくれ
高額査定を可能にしてくれます。

車中泊が行えるSUV車を探している時には、トヨタ・ハリアーが気になっている方もいると思います。

ハリアーはミドルサイズSUVの1台で、室内も大きく確保されていて、荷室もシートを畳めば広くなります。

また、ハリアーで車中泊を考えているなら、車中泊が可能な十分な広さは確保できるのか、車中泊時のオススメマットはどのような品があるのか、気になりませんか?

今回はトヨタ・ハリアーの車中泊に関する情報を紹介していきます。

スポンサーリンク



ハリアーで車中泊出来る広さはある?

引用元:https://toyota.jp/harrier/exterior

トヨタ・ハリアーで車中泊を考えている場合、ハリアーは車中泊ができる広さはあるのか、気になりますよね。

結論から言うと、ハリアーはシートアレンジでリアシートを折り畳めば十分に車中泊を行える広さがあります。

ハリアーはリアシートを折り畳んだ場合、最大長が約1,840mm、最大幅が約1,405mm、最大高が約750mmの荷室サイズが確保できます。

▼ハリアー シートアレンジ

引用元:https://toyota.jp/harrier/interior/comfort/

拡大時の荷室長は1,800mmを超えていて、身長170cmほどの方なら足を伸ばして休むことが可能です。

また、幅も最大1,405mmと広く、二人で車中泊をしても窮屈には感じず、快適に車中泊を楽しめるのではないでしょうか。

さらにハリアーは荷室のデッキボード下に収納スペースが作られています。

▼ハリアー デッキボード下

引用元:https://toyota.jp/harrier/interior/comfort/

床下収納があるので、車中泊時に荷物があっても邪魔になりにくく、普段は車中泊に使う物を床下に収納できます。

ただ、ハリアーでの車中泊の注意点として、ハリアーはシートを折り畳んだ場合、リアシートとラゲッジスペースの間に少し段差が発生するようです。

荷室の床にマットを敷けばの段差の違和感も薄まると思いますが、気になるなら段差部分にクッションなどを置いて解消してみるのが良いでしょう。

また、ハリアーはシートを畳んだ時、フロントシートとリアシートの間に隙間ができます。

車中泊を行う時にシート間の隙間が気になる場合には、マットの先端を折り曲げるなどの方法で隙間を埋めると、快適に車中泊が楽しめると思います。

ハリアーはセカンドシートを畳めば車中泊を行えるサイズが確保可能で、二人の車中泊でも十分なスペースが作れます。

荷室を広げると隙間、段差が発生しますが、クッション、マットなどの工夫で解消可能なので、快適に車中泊を楽しみたいならハリアーを候補に考えるのも良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

ハリアーでの車中泊の方法をブログ、ツイッターなどから検証

引用元:https://toyota.jp/harrier/interior/comfort

トヨタ・ハリアーは実際に車中泊を行い、車中泊の様子をブログやツイッターなどで報告している方も多数います。

実際に車中泊を行った方はどのような方法で車中泊を楽しんだのか、気になりませんか?

始めにツイッターでハリアーの車中泊情報を調べたところ、下記のような報告が確認できました。

https://twitter.com/Mr_HUuTa/status/911572373794570240

上記の方はハリアーに布団を敷いて、家の寝室のような状態で車中泊を楽しんだようです。

フロントシートとリアシートの隙間も大きめの枕を置いて解消していて、厚手の布団を敷いているので、シートとラゲッジスペースの段差も気にならないと思われます。

ハリアーで車中泊を行うなら、大きめの布団、枕を用意すると車内でも快適に休めるかもしれませんね。

上記の方はハリアーに厚手マットを敷いて、大型の枕を設置して車中泊を行ったみたいです。

敷かれている厚手マットは後部タイヤ部分のサイズ設定もしっかりしているので、ハリアー専用のマットを使用していると思われます。

また、マットがかなり厚手なので、シートと荷室の段差を感じず、隙間も枕で解消されているので、快適な車中泊を楽しめそうな印象を受けますね。

そして、ハリアーはブログなどでも車中泊の情報を調べると、マットの下に座布団を敷いて、段差の解消を行っている方もいました。

薄いマットならシートと荷室の段差は気になるかもしれないので、座布団などで段差を解消しておくのは良いですね。

他にもブログなどでは、ハリアーに布団、毛布を持ち込んで車中泊を楽しんでいる方も確認できました。

実際の車中泊を行った方の中には、布団を敷いて車内泊を楽しんでいる方も多いようで、車中泊を楽しむならマットではなく、布団を利用するのも良い方法だと思います。

ハリアーは実際に車中泊を行った方は厚手マット、布団などを利用して車中泊を楽しんでいる方が確認できました。

厚手マットや布団なら段差も気にならず、車中泊を快適に楽しめると思われるので、ハリアーで車中泊を検討しているなら段差や隙間を埋められる厚手マットなどの利用を考えてみるのがオススメです。

スポンサーリンク

ハリアーの車中泊にオススメのマットは?

引用元:https://toyota.jp/harrier/interior/comfort

トヨタ・ハリアーで車内泊を行う場合、オススメのマットにはどのような品があるのか、気になりませんか?

ハリアーは車中泊用の純正マットの販売は行われていませんが、通販サイト「楽天市場」等にハリアー用のマットを販売している会社があります。

例えば、ハリアー用の車中泊マットには、様々な車種の専用ベッドキットを販売しているカー用品ブランドの「SHINKE」からハリアー専用マットが販売されています。

SHINKEの専用マットはサイズが170×135cmで、ハリアーの荷室スペースをマットで埋められます。

さらにマットの厚みは50mmあるので、SHINKEのマットを敷けばハリアーのリアシートとラゲッジスペースの段差も気にならなくなると思います。

SHINKEのハリアー用マットは厚みがあって、未使用時は折り畳んで収納できるので、大きなスペースも必要ありません。

ハリアーで車内泊を考えているなら、荷室のサイズに合わせて作られているSHINKEの専用マットを選んでみるのも良いと思います。

他にもハリアーで車中泊を行うなら、「ONLY STYLE」の車内泊専用ワイドマットを選んでみるのも良いかもしれません。

ONLY STYLEのワイドマットはサイズが198×100cmと大きく、マットの先端を折り曲げて配置すれば、シート間の隙間の解消が狙えます。

また、マットの厚みも100mmあるので、ハリアーのシートと荷室の段差もマットの厚みで感じなくなると思われます。

ONLY STYLEのワイドマットは隙間、段差解消が狙えて、幅も100cmあるので、大人二人で車中泊を楽しむ時にもマットのサイズは十分に感じられるのではないでしょうか。

また、ONLY STYLEのマットには、幅のサイズが66cmの1人用マットもあります。

一人で車中泊を行う時には、ONLY STYLEの1人用マットを購入し、車中泊を楽しむのも良いでしょう。

そして、ハリアーで車中泊を行うなら、荷室スペースに布団を敷いて休むのも1つの方法だと思います。

ハリアーの荷室は最大長が180cm以上、最大幅は140cm以上と広く確保されていて、シングル、セミダブルサイズの布団なら十分敷けるスペースがあります。

その為、実際にハリアーで車中泊を行った方の中にも布団を敷いて休んでいる方もいて、家に近い寝心地を求めるなら布団を敷いてみるのも良いと思います。

車中泊にオススメのグッズは?

引用元:https://toyota.jp/harrier/interior

ハリアーで車中泊を行うなら、どのようなグッズを持っておくべきなのか、気になりませんか?

まず、ハリアーで車中泊を行おうと考えている場合、ルームランプをLEDに変更しておくのが良いと思います。

ハリアーは標準の車内灯にハロゲンランプが採用されているようで、ハロゲンランプはLEDに比べると明るさが劣ります。

車中泊を行う時には、ルームランプを使う機会も増えやすいので、車内の明るさをアップできるLED等に変えておくと役立つことも多いと思います。

また、室内のLEDランプはディーラーオプションとしても販売されています。

▼純正LEDバルブ

引用元:https://toyota.jp/harrier/accessories/interior/

車内灯の交換は自身でも行えますが、心配ならディーラーへ行って純正オプションのLEDに交換してもらうのも良いと思います。

次に車中泊に役立つグッズとして、リアシート、荷室の床を守るラゲッジマットを敷いておくのがオススメです。

▼ハリアー ラゲッジマット

引用元:https://toyota.jp/harrier/accessories/interior/

車中泊を行う場合、リアシートの背もたれ裏や荷室の床に傷や汚れがつかないか、気になる方もいると思います。

傷などが気になってしまう時には、事前にラゲッジマットを敷いておけば、汚れや傷からシートの背もたれ裏、ラゲッジスペースの床を守れます

ラゲッジマットは純正マットも販売されているので、車内の傷、汚れが気になるなら敷いておくのが良いと思います。

そして、ハリアーで車中泊を行うなら、シェードを用意しておくのが良いでしょう。

車中泊を行う時には、外からの視線、日差しが気になることも多いと思います。

シェードがあると外からの視線を遮ることが可能で、朝の日差しのカットにも役立てられます

注意点として、シェードは純正のオプション品としては販売されていません。

ただ、シェードはハリアー専用品が通販サイトで販売されていて、カーテンでも代用可能なので、車中泊を行うなら事前にシェードの準備をしておくのがオススメです。

ハリアーで車中泊を行う場合、LEDランプ、シェードなどは役に立つ機会も多くあります。

快適な車中泊を行いたいと考えているなら、純正のLEDランプ、社外品のハリアー専用シェードなどを探し、車中泊用グッズとして役立てるのも良いと思います。

愛車の査定を50万円以上、高く査定してくれる事業者を探す方法

「愛車の売却どこにしたらいいか分からない…」
「愛車の売却は近くの中古車販売で妥協しようか…」
「下取りで値引きを大きくしたい…」
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」
などあなたにも
悩みがあるのではないでしょうか。

1,値引きを大きくして
新車を安く買いたい!

2,愛車を高く売りたい!

こんなあなたの望みを叶える
オススメの裏ワザを
ご紹介します!

下取り、愛車の売却は無料の一括査定サイトを使い最高値で売る!

ディーラーで20万円の下取りが
一括査定を使い80万円になることも
多々あります。

一括査定ではあなたの
愛車をガリバーなど
大手下取り会社の
最大10社が一括で
無料査定をしてくれるのです。

ここで出た最高値
車を売却することができます。

またその最高値を
ディーラーに伝え
値引き交渉に使うことで
値引きの限界を引き出す
ことも可能です。

一括査定を使うことで
愛車を最も高く
売却することが出来るのです。
※こちらは記事の上で紹介してるサービスと違い複数業者とのやり取りとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です