CX-8で車中泊!ブログなどからオススメキットやマット紹介!

SUVスタイルでありながら3列シートを装備する「CX-8」ですが、室内空間はどうなのでしょうか。

アウトドアやサーフィンなどで、長尺物を運んだりするときやキャンプをするときなどには広い室内空間は必須の条件だと思います。

さらに長距離のドライブの際に仮眠を後部座席でとったりするのにも室内空間が広いと便利に使うことが出来ますし、足を伸ばしてゆっくり睡眠をとることで「エコノミー症候群」予防にもつながります。

今回の記事では、「CX-8」は「車中泊をするのに十分な広さがあるのか」、「オススメグッズの紹介」、「6人乗りと7人乗りではどっちが車中泊しやすいのか」、「Lパッケージ(グレード)で車中泊をするときはどうなのか」をそれぞれご紹介していきます。

スポンサーリンク



CX-8で車中泊するのに十分な広さはある?

引用元:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/feature/interior/interior2/

「車中泊」が十分に出来れば、キャンプに出かけてテントを一から組立てる必要もなく、車の中で寝泊りすることが出来ます。

6人、7人乗りとなるとミニバンやワゴン系の選択肢しかなかったところに、SUVの6、7人乗りという新たな枠組みに挑戦してきたマツダのCX-8ですが、室内空間は他社に比べて十分なアドバンテージがあるのでしょうか。

【ライバルとの比較】

車種
(社名)
全長(mm) 全幅(mm) 全高(mm)
CX-8
(マツダ)
4900 1840 1730
アウトランダー
(三菱)
4695 1810 1710
エクストレイル
(日産)
4690 1820 1740
ランドクルーザー
(トヨタ)
4950 1980 1880

【室内の広さ比較】

車種
(社名)
室内長(mm) 室内幅(mm) 室内高(mm)
CX-8
(マツダ)
2690 1540 1250
アウトランダー
(三菱)
2580 1495 1265
エクストレイル
(日産)
2555 1535 1270
ランドクルーザー
(トヨタ)
2690 1640 1200

 

全長が50mm長い「ランドクルーザー」と同じ室内長を確保していますし、室内幅は2番目に広い値です。

室内の高さは3番目ですが、シートを倒して車内を中腰で移動するという様な場面では不利になりますが、普通に座るのには十分にヘッドクリアランスは取れる数字だと思います。

2列目のシートを倒した場合の最大の奥行きは、「2320mm」と背の方が寝転がっても十分なスペースだと言えます。

スポンサーリンク

CX-8で車中泊♪ブログなどからオススメグッズを紹介

引用元:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/accessories/?link_id=sbnv

楽天市場」で販売されている人気の高い、車内スペースを車中泊に快適な空間へと変えるオススメの便利グッズをマツダ純正アクセサリー中心にご紹介していこうと思います。

車中泊オススメキット

まず、車の外からの視線や日光を遮ってくれ、安心して眠れる「サンシェード」をご紹介します。

夏場は日光を遮り、断熱性も高いので、車内温度が上がるのを軽減してくれますし、冬場は窓ガラスからの冷気を軽減してくれます。

【フロントサンシェード】

引用元:https://item.rakuten.co.jp/okamoto-p/k131-v1-130/

  • 使用用途:フロントウインドウガラス用
  • 適合車種:CX-8専用形状
  • 価格:9,272円(税込)+送料

 

【サイド・リアシェードセット】

引用元:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/accessories/?link_id=sbnv#cx-8-acc24

引用元:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/accessories/?link_id=sbnv#cx-8-acc25

  • 商品用途:サイドウインドガラス・リアウインドウガラス用
  • 適合車種:CX-8専用形状
  • 価格:47,196円(税込) 送料無料

 

BOSE装備車への装着は出来ませんが、小物類やレジャー用品を入れておける「ラゲッジアンダートレイ」もオススメです。

【ラゲッジアンダートレイ】

引用元:https://item.rakuten.co.jp/suzukimotors/mtcx043/?s-id=pc_shop_recommend&rtg=92df56f1510b0e71d3c0f6084c281645

  • 使用用途:防水使用で、雨具やレジャー用品を入れておくのも便利。
  • 適合車種:CX-8専用設計(KG2P)
  • 価格:23,760円(税込)+送料

 

アウトドアやレジャーの際に役立つマツダ純正アクセサリー「アクティビティサイドタープ」をご紹介します。

【アクティビティサイドタープ】

引用元:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/accessories/?link_id=sbnv#cx-8-acc22 

  • 使用用途:アウトドアの際に夏場の強い日差しから守ってくれます。
  • 適合車種:CX-8全車
  • 価格:23,598円(税込)+送料

 

車中泊やアウトドアの際にあると便利なアクセサリーをご紹介しました。

車中泊オススメマット

車中泊のときに2列目、3列目シートを倒しただけだと非常に寝にくいと思います。

そこで、マツダの純正アクセサリーである「アクティビティベットクッション」をご紹介します。

紹介する商品は片側1枚のみの販売ですので、ご注意下さい。

【アクティビティベッドクッション】

引用元:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/accessories/?link_id=sbnv#cx-8-acc23

  • 使用用途:車中泊の際にゆったり横になることが出来ます。
  • 注意点:ラゲッジマット、ラゲッジアンダートレイの同時装着は出来ません。
  • 適合車種:CX-8(KG2P)
  • 価格:37,962円(税込)+送料

 

純正アクセサリーはやっぱり高いという方にこちらのマットがオススメです。

【オンリースタイル 車中泊専用マット(ワイド)】

引用元:https://item.rakuten.co.jp/onlystyle/10082980/

  • 使用用途:車中泊の際に2人で使用することが出来る。
  • 適合車種:軽自動車(バンタイプ)、SUVなど様々な車種に利用可能。
  • 価格:24,840円(税込)+送料



スポンサーリンク

CX-8の6人乗りと7人乗りどっちが車中泊しやすい?

CX-8の場合、「キャプテンシート」と「ベンチシート」の2パターンに分かれており、「キャプテンシート」は車外に降りることなく、2列目、3列目を移動することが可能なので便利ですが、車中泊の際の欠点としては、ご紹介したようなマットを敷いてもシートとシートの間にスペースがあるためにマットが落ち込んでしまうことがあります。

【キャプテンシート】

引用元:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/feature/interior/interior2/?link_id=sbnv

引用元:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/feature/interior/interior2/?link_id=sbnv

【ベンチシート】

引用元:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/feature/interior/interior2/?link_id=sbnv

7人乗りの方がベンチシートの利点を生かして、広いフラットスペースを確保出来るため、車中泊には7人乗りのベンチシートタイプを選ぶことがオススメです。

CX-8のLパッケージで車中泊すると?

引用元:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/feature/interior/interior2/?link_id=sbnv

標準装備として画像の様なコンソールボックスがLパッケージには装備されています。

ティッシュボックスやタブレット端末が入る大きさになっており、充電用のUSB端子も装備されているため、携帯電話、タブレットの充電が可能です。

ハイグレードモデルならではの利便性の高い装備ですが、車中泊の際には注意点があります。

Lパッケージの場合、マットを敷いてもコンソール部分が邪魔になってフラットなスペースにはなりません。

引用元:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/feature/functionality/?link_id=sbnv

 

長距離ドライブやアウトドアで、車中泊を頻繁にする可能性がある方はベンチシートを選択することをオススメします。

ちなみにベンチシートは全グレード選択可能になっています。

中古車市場で、CX-8を購入する予定がある方も「6人乗り」か「7人乗り」チェックして利用ニーズにあった購入を心がけましょう。

愛車の査定を50万円以上、高く査定してくれる事業者を探す方法

「愛車の売却どこにしたらいいか分からない…」
「愛車の売却は近くの中古車販売で妥協しようか…」
「下取りで値引きを大きくしたい…」
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」
などあなたにも
悩みがあるのではないでしょうか。

1,値引きを大きくして
新車を安く買いたい!

2,愛車を高く売りたい!

こんなあなたの望みを叶える
オススメの裏ワザを
ご紹介します!

下取り、愛車の売却は無料の一括査定サイトを使い最高値で売る!

ディーラーで20万円の下取りが
一括査定を使い80万円になることも
多々あります。

一括査定ではあなたの
愛車をガリバーなど
大手下取り会社の
最大10社が一括で
無料査定をしてくれるのです。

ここで出た最高値
車を売却することができます。

またその最高値を
ディーラーに伝え
値引き交渉に使うことで
値引きの限界を引き出す
ことも可能です。

一括査定を使うことで
愛車を最も高く
売却することが出来るのです。
※こちらは記事の上で紹介してるサービスと違い複数業者とのやり取りとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です