新型CX-5の値引き額の相場は?レポートやブログ、実例から限界は?

絶対に損をしない下取り方法

下取り、車の売却は必ず
無料一括査定サイトを使いましょう!
ディーラーでは20万円の下取りが、
買取業者では 80万円になることも
よくあります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社
あなたの車の買取価格を
競ってくれるのです。
結果的に値段を吊り上げてくれ
高額査定を可能にしてくれます。

いくら人気車とは言え、値引きは可能なはず、新型CX-5の値引き相場を調べてみました。

スポンサーリンク



CX-5の値引きレポート!みんカラや実例から相場はいくらくらい?

引用:http://www.mazda.co.jp/

マツダには失礼かもしれませんが、一時期マツダの値引きは業界随一と言っていいくらいダントツでした。

それが、最近少し事情が変わってきたように感じています。

マツダ自らが、安売りしなくても良い質の良いクルマ開発に転じた成果か、最近のマツダの新車は、衆目の注目を浴びるものばかりです。

CX-5も例にもれず、その質感の高さが好評で、値引きは厳しいのではないかと予想し、実際はどうなのか調べて見ました。

結論は、16万~23万円といたところが、12月現在のCX-5値引き相場のようです。

昨年のモデルチェンジ以降の値引き相場の変遷に関しても、大きい変化はないようで、現時点の上記値引き額は、今後しばらくは続くのではないかと思います。

スポンサーリンク

マイナーチェンジ後の値引き額は渋い?

11月にマイナーチェンジしてこともあり、やはりそれ以前よりは値引き額が縮小している傾向が見られるかもと思って調べてみました。

2~3万円位は渋くなっているかもしれませんが、明確な傾向とは言えません。

CX-5の11月のマイナーチェンジの内容は、見かけは大きく変わらないものの技術的には結構な変更、追加が入っています。

一番目立つのが、2.5Lガソリンエンジンの追加です。

これまでの2.0Lガソリンに対して排気量をアップした高出力モデルとして追加されました。

当然ながら追加モデルのプライスタグは上がっていますが、それほど大きい額ではありません。

これ以外の変化は、チェンジというよりバージョンアップと呼んだほうがぴったりする内容で、見かけを変えて新規性を訴求するようなものではなく、マツダ自身は、“最新技術の惜しみない投入”と言っています。

販売促進のために無理やり仕込んだマイナーチェンジであれば、メーカーの足元を見透かすこともできそうですが、今回のはそうではなさそうです。

今回のCX-5のマイナーチェンジに限っては、値引き額が大幅に縮小している様子はないですが、さりとて更なる値引き幅の拡大もなさそうです。

引用:http://www.mazda.co.jp/

スポンサーリンク

CX-5の20sとProactiveの値引きはどのくらい?

ガソリンエンジン車のローエンドグレードである20sとその上のグレードであるProactiveの値引きを調べてみました。

両車の仕様の大きな違いは、LASとよばれるレーンキープアシストの有無とタイヤホイールのインチ違いです。

定価は、それぞれ257万円と280万円で、差は23万円です。

値引き額は、本体値引きとオプション値引きの合計額とし、最近半年間のユーザー報告に限って調べてみました。

まず、20sですが、15万円~30万円で平均は20万円でした。

対するProactiveは、15万円~50万円と値引きの幅がえらく大きい結果でしたが、平均を求めると26万円になりました。

グレード毎の販売台数がどうなのか知りませんが、ユーザーレポートの数から推定すると、20sとProactiveの台数比率は1:3になりました。

数の出ない20sの値引きが額は、少なそうです

そもそもの定価の差23万円から、平均値引き額6万円を単純に引いてみると、その差は16万円になります。

この支払額と仕様差が見合うのかどうかは、個人の嗜好によりますが、個人的にはProactiveがお買い得に見えます。

CX-5の値引きの限界値と目標額は50万!?交渉術はある?

引用: https://www.photo-ac.com/

CX-5の値引き額には、かなり大きな幅があるのは確かです。

個々の交渉には、それぞれ異なる事情が介在しているのは間違いないものの、値引き限界額として50万円と仮に置いておくのは、そう的外れとも言えません。

上に書いたように、2.0LガソリンProactiveでは、最大50万円の値引きに成功している報告例があり、対象をディーゼルにまで広げると、50万円を超える例も散見されました。

ここでは、モデル、グレードによらずCX-5の値引き目標を50万円として、実際にこれにすこしでも近づく方法がないのか考えてみます。

値引きを引き出すための交渉に、秘策があるわけではありませんが、対象がクルマに限らず、売り手との情報格差を少しでも埋めておくのが基本です。

第一は、相場感を持つことです。

これには、このサイトに限らず、なるべく多くの例を集めて、自分の今の事情に近い条件での相場を知っておくことが大事です。

第二は、何時買うべきかです。

売り手がすぐにでも売りたい時に買うのが基本で、一般的には期末や年度末です。

販売担当者も、販売店も、メーカーも“ノルマ”を背負っています。

ノルマを販売目標台数とかコミットメントに置き換えてみても実態は同じことで、目標値を達成すればそれなりのインセンティブが付くものです。

どうしても目標台数に届かない状況で期末を迎えれば、更なる値引きぐらいしか売り手には残されていません。

この時期、販売店の事情によってはキャンセル車等のどうしても売りさばきたい在庫車を抱えていることがあるので、仕様とグレードへのこだわりを譲れるのであれば、お買い得車を見つけることもできます。

私自身の経験でいえば、昨年末に100万円をこえる値引きを提案されたことがあります。

普段値引きはしない欧州ブランドだったので、驚きましたが、直後に安全運転支援装置が充実したマイナーチェンジを控え、野心的な年度販売目標値をコミットしていたディーラーの事情が重なったがためのバーゲンだったのだとおもいます。

結局、悩んだ末に見送りましたが、別の買い手が現れたようです。

第三は、競合させることです。

これも、多分に売り手側の事情によるものですが、メーカーも販売店もシェア争いをしています。

商談がまとまらないのは常であっても、販売店にとっては、顧客が競合車に流れて販売台数2台の差になるのは避けたいものです。

いちいち細かな仕様差を並べて値引き交渉するには、綿密な下調べと専門知識を要しますが、“今**も考えているのだが、、”の一言だけでも効果があるとおもいます。

CX-5の競合車としては、ハリアー、エクストレイル、フォレスター等の名前が浮かびますが、SUVの範疇ではない、4WDレヴォーグなども入りそうです。

第四は、下取りです。

新車の購入には、下取りがつきものです。

この場合、新車の値引き額と下取り額はセット販売になっていると考えるべきです。

買い手が販売店に払う額は、新車の値段から下取り車の値段を引いた額です。

見かけ上大きな値引きを引き出したと喜んでいると、実際には下取り額を不当に抑えられていることに気づいていないというケースがあり得ます。

つまり、“正当な下取り額“を把握しておくことが、どうしても必要になります。

それには、まず一般的な中古車価格の相場を掴みましょう。

このサイトに限らず、ネット上で年式、グレード、走行距離等をいれれば、簡単に知ることができます。

売値以上の買い取り額が期待できないのは当然で、まず売値がどの程度なのかを知るのは重要です。

中古車相場を掴んだ上で次にすることが、自分の下取り車の“正当な値段”を知ることで、これには“下取り車の一括査定”がお勧めです。

中古車に厳然とした買い取り相場がある一方、中古車のコンディションには差があるのは当然としても、買い取り側にもそれぞれの事情があり、買い取り額は一律に決まりません。

どうしても揃えておきたい車種や、販売強化地域で人気の車種であれば他社より高い値付けもあり得ます。

このような買い手側の事情も含んだ、自身の下取り車の査定額のレンジを掴んでおくことで、実質的に好条件の新車値引きを引き出すことが可能になります。

交渉術には入らないとおもいますが、人と人が相対して行う場面で、お互いが好印象を持てることは大事です。

売り手は誇りを持って良いクルマを売りたい、買い手は良いクルマだからこそ買いに来たのだと、お互いに相手を認識できれば、交渉はきっとスムーズに進展していくはずです。

愛車の査定を50万円以上、高く査定してくれる事業者を探す方法

「愛車の売却どこにしたらいいか分からない…」
「愛車の売却は近くの中古車販売で妥協しようか…」
「下取りで値引きを大きくしたい…」
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」
などあなたにも
悩みがあるのではないでしょうか。

1,値引きを大きくして
新車を安く買いたい!

2,愛車を高く売りたい!

こんなあなたの望みを叶える
オススメの裏ワザを
ご紹介します!

下取り、愛車の売却は無料の一括査定サイトを使い最高値で売る!

ディーラーで20万円の下取りが
一括査定を使い80万円になることも
多々あります。

一括査定ではあなたの
愛車をガリバーなど
大手下取り会社の
最大10社が一括で
無料査定をしてくれるのです。

ここで出た最高値
車を売却することができます。

またその最高値を
ディーラーに伝え
値引き交渉に使うことで
値引きの限界を引き出す
ことも可能です。

一括査定を使うことで
愛車を最も高く
売却することが出来るのです。
※こちらは記事の上で紹介してるサービスと違い複数業者とのやり取りとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です