スズキハスラー新型の人気色カラーをランキングで全色を紹介♪

絶対に得する愛車の売り方

下取り、車の売却は必ず
無料査定サイトを使いましょう!
ディーラーでは20万円の下取りが、
買取業者では 80万円になることも
よくあります。

複数業者に査定をしてもらい
最高額で査定をしてくれた
1社のみとのやり取りとなります。

あなたの車の価値は日々下がっています。
愛車の売却を考えている場合は
早めに査定をしてもらいましょう。

スズキ・ハスラーは2014年から登場したSUV車種で、グレード別に多数のボディーカラーが採用されています。

また、ハスラーは販売後から複数回ボディーカラーの追加、変更、廃止が実施されていて、発売当初にはなかったが途中で追加されたカラーなどもあります。

ハスラーを購入候補として考えている場合、各グレードでどんな色が選べるのか、人気カラーはどれなのか、気になりませんか?

今回はスズキ・ハスラーの各グレードで選択可能な色、人気カラーなどの情報を紹介していきます。

スポンサーリンク


新型ハスラーの全色を紹介

引用元:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler_tough_wild/

スズキ・ハスラーは2018年11月に仕様変更が行われていて、仕様変更時にボディーカラーの追加も実施されています。

カラーの追加が実施された現行モデルのハスラーはどのようなカラーが選べるのか、気になりませんか?

まず、ハスラーのA、G、Jグレードで選択可能な単色カラーを確認していきましょう。

▼ハスラー カラー

カラー名/グレード名
クールカーキパールメタリック
ブルーイッシュブラックパール3
シフォンアイボリーメタリック ×
ピュアホワイトパール ×
スチールシルバーメタリック ×

※上記の表は各グレードで選択可能な色に○、選択不可能な色に×を付けています。

ハスラーは単色カラーを選ぶ場合、最大で5色の中からボディーカラーを選択できます。

単色カラーには、ブラック、ホワイト、シルバー等の様々な車種で人気が高いカラーが用意されていて、カーキ、アイボリーなどの色も登場しています。

カーキ、アイボリーは名前だけ聞くとどのような色か判断しにくいかもしれませんが、クールカーキパールメタリックは明るい緑、シフォンアイボリーメタリックは黄色と灰色の中間のような明るい色となっています。

2トーンカラーに比べると単色カラーは設定数が少ないですが、単色カラーはボディーの大部分の色を統一できるので、ハスラーを1色で染めたいなら単色カラーを選ぶのも良いでしょう。

ただ、ハスラーはA、Gグレードは全5色から選択可能ですが、最上位のJグレードのみ2色のみしかカラーを選べず、選択肢が少なくなっています。

単色カラーのハスラーが欲しい場合には、ハスラーA、ハスラーGを選択し、色選びを楽しんでみるのもいいかもしれませんね。

次にハスラーのGグレード以上のモデルで選べる2トーンルーフ仕様車のカラーも全色確認していきましょう。

▼ハスラー 2トーンカラー

カラー名/グレード名 G2トーン J2トーン
フェニックスレッドパール ホワイト2トーンルーフ
アクティブイエロー ホワイト2トーンルーフ
クールカーキパールメタリック ホワイト2トーンルーフ
パッションオレンジ ホワイト2トーンルーフ ×
ブリスクブルーメタリック ホワイト2トーンルーフ ×
チアフルピンクメタリック ホワイト2トーンルーフ ×
ムーンライトバイオレットパールメタリック ホワイト2トーンルーフ ×
フェニックスレッドパール ブラック2トーンルーフ
アクティブイエロ- ブラック2トーンルーフ
ピュアホワイトパール ブラック2トーンルーフ ×

※上記の表は各グレードで選択可能な色に○、選択不可能な色に×を付けています。

ハスラーの2トーンルーフ仕様車はカラーが全10色用意されています。

2トーンルーフ車はレッド、オレンジ、イエロー等の明るい色が多数登場していて、単色カラーで設定されていたカラーの2トーン仕様もあります。

さらにルーフカラーには、ホワイト、ブラックの2色が設定されていて、一部カラーはホワイト、ブラックのいずれかをルーフカラーに選択可能です。

ハスラーの2トーンカラーはボディーとルーフで別々のカラーとなるので、他の車と色被りしにくく、自分の好みのカラーが選べます。

2トーンルーフ仕様車はグレード別にカラー設定が違いますが、単色よりカラー設定が多いので、ハスラーの色選びを楽しむなら2トーンカラーを候補に入れてみるのも良いかもしれませんね。

続いて、特別仕様車のハスラータフワイルドで選べるカラーも確認していきましょう。

▼ハスラータフワイルド カラー

カラー名/グレード名 タフワイルド
スチールシルバーメタリック ブラック2トーンルーフ
フェニックスレッドパール ブラック2トーンルーフ
オフブルーメタリック ブラック2トーンルーフ
アクティブイエロー ブラック2トーンルーフ
ブリスクブルーメタリック ブラック2トーンルーフ

ハスラータフワイルドは全5色の2トーンカラーが設定されています。

ボディーカラーは2トーンルーフ仕様車で採用されていたレッド、イエロー、ブルーもありますが、タフワイルドのみ新たにシルバー、オフブルーが追加されています。

タフワイルドはブルー系のカラーが2色ありますが、ブリスクブルーメタリックに関しては明るめの青、オフブルーメタリックは水色のようなカラーとなっています。

また、タフワイルドと2トーン仕様車の違いとして、タフワイルドはルーフカラーの設定がブラックのみで、Aピラー、リヤクォーターパネルもブラック塗装が施されています。

他グレードの2トーン仕様車はリヤクォーターパネルのカラーはボディ設定と同色となるので、リヤクォーターパネルのカラーはタフワイルドと2トーン仕様車の大きな違いになります。

ハスラータフワイルドは2トーン仕様車とカラー設定は大きく変わりませんが、オフブルー、シルバーの2トーンカラーを選択可能なので、オフブルー等のカラーが気に入った時はタフワイルドを選んでみるのも良いと思います。

最後に特別仕様車のハスラーワンダラーのカラー設定も確認していきましょう。

▼ハスラーワンダラー カラー

カラー名/グレード名 ワンダラー
シフォンアイボリーメタリック ウッディブラウン2トーンルーフ
パッションオレンジ ウッディブラウン2トーンルーフ
ピュアホワイトパール ウッディブラウン2トーンルーフ
ブルーイッシュブラックパール3 ウッディブラウン2トーンルーフ

ハスラーワンダラーは全4色の2トーンカラーが登場しています。

シフォンアイボリー、パッションオレンジなど、明るい色が多く設定されているモデルで、ホワイト、ブラックの2色も選べます。

また、ワンダラーは一部に専用色が採用されていて、ルーフにはワンダラー専用のウッディブラウンが使われています。

▼ハスラーワンダラー ルーフ

引用元:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler_wanderer/

他にもワンダラーはバンパーガーニッシュ、ドアミラーカバーもウッディブラウン仕様で、バックドアにはワンダラーのロゴプレートも装着されています。

ハスラーワンダラーは外観だけではなく、内装にも専用カラーが採用されているモデルなので、ウッディブラウンカラーの落ち着いた色が好みの場合には、ワンダラーを候補に入れてみるのもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

オススメ人気色カラーをランキングでベスト5を画像付きで紹介!

引用元:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/

ハスラーは単色、2トーン、特別仕様車と様々なカラーが用意されている車種で、合わせると10色以上の色からカラーを選べます。

どの色を選ぶか迷っている場合、ハスラーはどのカラーが人気があるのか、気になりませんか?

口コミサイトなどを参考にハスラーの人気色を調べてみたので、ランキング形式でオススメの人気色を紹介していきます。

オススメカラー1位「フェニックスレッドパール ブラック2トーンルーフ」

引用元:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/

ハスラーの人気色ランキングでは、栄えある1位にはフェニックスレッドパール ブラック2トーンルーフがランクインします。

フェニックスレッドパールはGグレード、Jグレード、タフワイルドで選択可能な色で、赤色を基調にしたカラーとなっています。

しかし、明るすぎる赤ではなく、濃い赤色のようなカラーで、フェニックスレッドパールは派手ながら上品さも感じられるような印象を受けました。

また、フェニックスレッドパールはルーフカラーでホワイトも選べますが、人気があるのはブラックルーフで、口コミサイトなどでもルーフカラーはブラックを選んでいる方が多数確認できました。

ハスラーのフェニックスレッドパール ブラック2トーンルーフは明るいですが派手すぎない色なので、あなたが赤系統が好きだったらこの色も候補に入れて赤色基調のカラーが好みなら候補に入れてみるのはどうでしょうか?

オススメカラー2位「アクティブイエロー ブラック2トーンルーフ」

引用元:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/

ハスラーの各カラーでランク付けを行うと、2位にはアクティブイエロー ブラック2トーンルーフが入ります。

アクティブイエロー ブラック2トーンルーフはG、J、タフワイルドで選択可能なカラーで、黄色を基調にしたボディーカラーの設定となります。

黄色基調のカラーなので、他の色に比べて明るめの色設定で、活動的な車を演出できるカラーとなっています。

ルーフカラーはホワイト、ブラックの2色が設定されていますが、多くの方はブラック2トーンを選んでいて、ホワイト2トーンは少し人気が低く感じられました。

ハスラーのアクティブイエロー ブラック2トーンルーフは明るく、存在感もあるカラーなので、活動的な印象を持てるカラーを選びたい時には、候補に入れてみるのも良いと思います。

オススメカラー3位「パッションオレンジ ホワイト2トーンルーフ」

引用元:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/

ハスラーは全10色以上のカラーがありますが、人気があるカラーでランク付けを行うと、3位にはパッションオレンジ ホワイト2トーンルーフがランクインします。

パッションオレンジ ホワイト2トーンルーフはGグレードの2トーン仕様車選択時に選べるカラーで、オレンジ色を基調にしたカラー設定になります。

アクティブイエローと同じく、明るめの設定色で、ハスラーの見た目と合わせてかわいく、ドライブを楽しめそうな印象を受けました。

ルーフカラーはホワイトの1色のみで、ボディーカラーのオレンジと合わせて車の外観を明るく印象付けられます。

また、パッションオレンジは特別仕様車のワンダラーにも設定されていて、ワンダラーを選ぶとルーフカラーがウッディブラウンになります。

パッションオレンジ ホワイト2トーンルーフは選べるのがGグレードのみとなっていますが、ワンダラーならルーフカラーが違うパッションオレンジも選択可能なので、かわいいオレンジ色が好みならGの2トーン仕様車、ワンダラーのいずれかを選んでみるのはどうでしょうか?

オススメカラー4位「ピュアホワイトパール」

引用元:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/

ハスラーの各色でオススメカラーを決める場合、4位にはピュアホワイトパールが入ります。

ピュアホワイトパールはAグレード、Gグレードで選べる単色カラーで、ルーフも含めてハスラーを白一色に染められます。

白基調のカラーなので、清潔感を印象付けられるカラーとなっていて、ホコリ汚れなども目立ちにくく、洗車回数を減らしたい時にもオススメのカラーです。

ピュアホワイトパールはJグレード、特別仕様車では選択できない色ですが、清潔感、高級感を感じられるカラーなので、ベースグレード車などを選ぶ時に候補に入れてみるのもいいかもしれませんね。

オススメカラー5位「ブリスクブルーメタリック ホワイト2トーンルーフ」

引用元:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/

ハスラーの各色でランク付けを行うと、5位にはブリスクブルーメタリック ホワイト2トーンルーフがランクインします。

ブリスクブルーメタリックはGグレードの2トーン仕様車で選べるカラーで、明るい青を基調にした色になります。

濃い青ではないので、爽やかさを感じられるカラーとなっていて、ホワイトルーフも合わせて明るく、存在感もある色となっています。

また、特別仕様車のタフワイルドを選ぶ場合、ブリスクブルーのブラック2トーンルーフを選択可能で、ブラックルーフはホワイトルーフと違って力強さを感じられます。

ブリスクブルーメタリック ホワイト2トーンルーフは選べるグレードが少ないですが、明るく爽やかなハスラーを演出できるので、Gグレードを選ぶ時には候補に入れてみるのも良いと思います。

スポンサーリンク

ハスラーの色で悩んだら何色を選ぶべき?

引用元:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/styling/

ハスラーは単色、2トーンルーフ仕様など、多数の色設定があって、購入時にはどの色を選ぶべきか、悩んでしまいますよね。

色選びで悩んでしまった時には、最初に候補として、人気がある明るい色を選んでみるのが良いのではないでしょうか。

ハスラーの人気があるカラーはフェニックスレッド、アクティブイエロー、パッションオレンジなど、明るい色が多めで、実際に購入した方もレッドなどの明るめの色を選んでいる方が多いようです。

さらにレッド、イエロー等の2トーンルーフ仕様車は他の車と色が被ってもルーフの色違いで目立ちやすく、特別感も得られると思います。

ハスラーの色選びに悩んだ時には、2トーンルーフの明るいカラーを候補に入れた後、自身好みの色を絞り込んでいくのはどうでしょうか。

また、単色系のカラーが好みなら、ピュアホワイトパール、ブルーイッシュブラックパール3を選んでみるのも良いかもしれません。

ホワイト、ブラック系の色はハスラー以外の車種でも人気が高い色で、ホワイトは清潔感、ブラックは高級感を感じられます。

ハスラーもホワイト、ブラックは単色カラーの中で人気があるので、単色カラーで迷った時にはホワイト、ブラックを候補に入れてみるのも良いと思います。

スズキ・ハスラーは多数の色が設定されている車種で、色選びの時は悩むかもしれませんが、始めは単色、2トーンのいずれかを選択し、そこから好みの色に絞り込んでいくのが良いかもしれませんね。

愛車の査定を50万円以上、高く査定してくれる事業者を探す方法

「愛車の売却どこにしたらいいか分からない…」
「愛車の売却は近くの中古車販売で妥協しようか…」
「下取りで値引きを大きくしたい…」
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」
などあなたにも
悩みがあるのではないでしょうか。

1,値引きを大きくして
新車を安く買いたい!

2,愛車を高く売りたい!

こんなあなたの望みを叶える
オススメの裏ワザを
ご紹介します!

下取り、愛車の売却は無料の一括査定サイトを使い最高値で売る!

ディーラーで20万円の下取りが
一括査定を使い80万円になることも
多々あります。

一括査定ではあなたの
愛車をガリバーなど
大手下取り会社の
最大10社が一括で
無料査定をしてくれるのです。

ここで出た最高値
車を売却することができます。

またその最高値を
ディーラーに伝え
値引き交渉に使うことで
値引きの限界を引き出す
ことも可能です。

一括査定を使うことで
愛車を最も高く
売却することが出来るのです。
※こちらは記事の上で紹介してるサービスと違い複数業者とのやり取りとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です