レクサスのコンパクトSUV!UXの試乗レポートをブログから検証!

絶対に得する愛車の売り方

下取り、車の売却は必ず
無料査定サイトを使いましょう!
ディーラーでは20万円の下取りが、
買取業者では 80万円になることも
よくあります。

複数業者に査定をしてもらい
最高額で査定をしてくれた
1社のみとのやり取りとなります。

あなたの車の価値は日々下がっています。
愛車の売却を考えている場合は
早めに査定をしてもらいましょう。

レクサスUXは2018年11月から販売開始された新しいモデルです。

トヨタC-HRをベースに作られた車種で、コンパクトSUVを求めている方はレクサスUXがどんな車なのか、気になりませんか?

レクサスUXは購入前に試乗でどのような車か試している方も多く、実際に試乗した方が口コミサイトなどに感想を寄せています。

今回は公式の動画、口コミサイトの感想などを参考に、レクサスUXを試乗した方の意見を紹介していきます。

スポンサーリンク


レクサスUXの試乗動画を紹介!

引用元:https://lexus.jp/models/ux/gallery/

レクサスUXはレクサスのホームページで撮影用車両で撮った試乗動画が公開されています。

まず、レクサスUXの走行シーンを紹介しているドライビングムービーを確認してみましょう。

▼レクサスUX ドライビングムービー

レクサスUXのドライビングムービーでは、外観デザインを確認しながら実際に走行を行っているシーンが撮影されています。

動画の中では、坂道やカーブなど、様々な走行シーンが撮影されていて、長い坂道でもパワー不足を感じないほどスムーズに進んでいるのが確認できます。

また、直線の道では、車線維持機能が使われているのか、レーンの中央を維持しながら走行しつつ、車線移動もスムーズに行われています。

レクサスUXのドライビングムービーはUXの外観を確認しながら走行シーンを確認できる動画となっていて、ターンランプの光り方やホイールデザインなども確認できます。

次にレクサスUXのPVも確認していきましょう。

▼レクサスUX PV

レクサスUXのPVでは、ハイブリッド車F SPORTモデルの外観、内装が詳しく確認できます。

例えば、外装はフロント、サイド、リアの様々な場所が確認可能で、ヘッドライト、テールランプの点灯シーンもあります。

また、外観はUX250h、ハイブリッドのエンブレムも確認可能で、ハイブリッド車の外観を様々な角度から観ることが可能です。

内装はエンジンをONにした時のメーターの起動画面も確認可能で、インパネ、ナビ、シートなど、内装の各所をチェックできます。

特にF SPORTモデル専用のシートは座り心地が良さそうで、各操作パネルが運転席側に向いているのも使いやすそうな印象を受けました。

レクサスUXのPVは走行シーンは少ないですが、外観、内装の各所が様々な角度から撮影されているので、UX250hモデルの装備が気になっている方は確認してみるのも良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

レクサスUXの試乗記や試乗レポートをブログなどから検証

引用元:https://lexus.jp/models/ux/gallery/

レクサスUXは実際に試乗を行った方も多数いて、ブログなどで試乗の感想、評価を書かれている方も確認できます。

様々なブログなどでレクサスUXの試乗記録を探してみたところ、気になった点として、下記のような意見、感想がありました。

レクサスUX ブログ試乗評価

・レクサスUXは車体サイズが他のレクサスSUVより小さく、日本の道でも走りやすい

・2.0Lエンジン搭載ながらガソリン車の加速は控えめ、しかしCVT車の多くで感じるもたつく感じはない

・レクサスUXのハイブリッド車は加速がスムーズ、ハンドリングも素直

・レクサスUXはドライブモードセレクトで走行環境に合わせてモード選択可能で、低燃費走行にも使えそう

・ハイブリッド車のUX250hは静粛性が高く、エンジン音は聞こえにくい

・レクサスUXのスクリーン操作はタッチパッド、慣れるのに時間がかかるかも?

最初にブログなどの試乗記録を確認して気になった点として、レクサスUXの車体サイズに関する意見です。

レクサスUXは他のレクサスSUV車と違い、コンパクトSUV車として販売されているモデルで、車体サイズは4,495×1,840×1,540mmとなっています。

▼レクサスUX 外観

引用元:https://lexus.jp/simulation/

UXの次に小さいSUV車のレクサスNXは車体サイズが4,640×1,845×1,645mmなので、全長、全幅、全高の全てでレクサスUXの方がサイズが抑えられているのが分かります。

特に全長、全高が100mm以上小さく、全長などが抑えられているので、駐車のしやすさも良くなっているように感じられます。

また、車体幅も5mm、NXより小さくなっていて、日本の道路幅にも合わせやすく、運転サポート機能と合わせてレーンの維持もしやすいと思われます。

続いて、試乗記録で気になった点として、加速性能や運転支援機能の意見です。

試乗記録では、ガソリン車、ハイブリッド車の両方の意見を確認しましたが、ガソリン車は加速性能が抑えられていると感じている方が確認できました。

レクサスUXのガソリン車は2.0Lガソリンエンジンを搭載していますが、ターボではなく、自然吸気エンジンが採用されています。

SUV車はガソリンターボエンジンを採用しているモデルも多く、ガソリン車の試乗を行った方からはターボ車と比べると加速性能が少し物足りない感じ、加速は控えめという意見が出ているのかもしれません。

ただし、ガソリン車に採用されているトランスミッションのCVTは評価が良く、CVT特有の発進のもたつきなどは感じないという感想が確認できました。

レクサスUXはガソリン車のみトランスミッションにCVTが設定されていますが、発進用ギアなどを増やしたDirect Shift-CVTが採用されています。

Direct Shift-CVTは発進のもたつき改善、伝達速度の向上などが図られているCVTなので、CVTでも発進のもたつきなどを感じにくく、ガソリン車の良い点として評価されているのだと思います。

加速性能はハイブリッド車に関する意見もありましたが、ハイブリッド車はガソリン車と違い、加速性能は試乗した方から良い評価が多くなっています。

特に一定速度からの加速性能は評価が良く、ステアリング操作も素直で良いとハイブリッド車の加速性能は高評価を受けているように感じました。

さらにレクサスUXに試乗した方からはドライブモードセレクトに関する感想もありました。

レクサスUXは全グレードにドライブモードセレクトが標準装備されていて、エンジン性能を抑えて燃費向上を図るEcoモード、エンジンパワーを制限せずに加速を楽しめるSportモード、標準設定のNormalモードの3つを切り替えられます。

ドライブモードセレクトはNormalモードでも十分な加速性能が発揮されるようですが、さらに加速を求める方はSportモードを試していたりしていて、様々な環境に合わせてモードを切り替えてドライブを楽しめるのは評価されているようです。

そして、ブログなどの口コミで気になった点として、車内の静粛性、スクリーンの操作方法などもあります。

まず、車内の静粛性ですが、ハイブリッド車に試乗した方の記録を確認したところ、レクサスUXハイブリッド車の静粛性は高いと評価されていました。

ハイブリッド車は車内に聞こえるエンジン音があまり聞こえず、静かに運転を楽しめると感想が寄せられています。

レクサスUXのハイブリッド車は車内にエンジン音が聞こえにくく、ロードノイズも抑えられているようなので、車内の静粛性はかなり高いように感じられます。

次にスクリーンの操作方法ですが、レクサスUXはスクリーン操作をセンターコンソールに設置されているタッチパッドで行う方式が採用されています。

▼レクサスUX タッチパッド

引用元:https://lexus.jp/models/ux/spec_price/equipment/ux200/

ノートパソコンの操作に慣れている方なら扱いやすいかもしれませんが、タッチパッドのカーソル移動速度が早く、慣れるまでは時間が必要かもしれないという意見も確認できました。

レクサスUXのスクリーン操作方法はタッチパッド方式なので、スイッチやタッチパネル方式のナビなどに慣れている方は慣れるまで操作がしにくいかもしれません。

スポンサーリンク

レクサスUX試乗した人の口コミ評価

引用元:https://lexus.jp/models/ux/gallery/

レクサスUXは口コミサイトにも試乗した方からの評価が寄せられています。

口コミサイト「みんカラ」、「価格.com」などで口コミ情報を確認したところ、下記のような感想、意見が確認できました。

レクサスUX 口コミ試乗評価

・レクサスUXはコンパクトで乗り心地も良い。

・ハイブリッド車の加速感は良い。

・ハイブリッド車はエンジンを踏み込んでも音は控えめで、車内の遮音性も高い。

・コクピット周りのスイッチが運転席向きで操作しやすかった。

・ハンズフリーパワーバックドアが便利、ただラゲッジルームは少し狭く感じた。

・レクサスUXは内装が安っぽく感じた。

・センターコンソールのタッチパッドとシフトノブの位置が逆ならよかった。

まず、レクサスUXを試乗した方の口コミでは、車体サイズに関する感想がありました。

車体サイズに関する口コミ評価では、レクサスUXは車体サイズがコンパクトに収められているので走りやすく、乗り心地も良いと高評価を得ていました。

日本では車体サイズが抑えられているコンパクトSUV車は人気が高く、レクサスUXはサイズに関して不満を感じている方はほとんどいないようです。

次にハイブリッド車に関する感想ですが、ブログの評価と同じく、ハイブリッド車は口コミでも加速性能、遮音性に良い評価が多数ありました。

レクサスUXのハイブリッド車はガソリン車と比べて加速性能が良いと口コミでも高評価が寄せられていて、エンジン音も聞こえにくいと遮音性にも良い評価が確認できました。

続いて、コクピット周りとラゲッジルームに関する口コミですが、レクサスUXはスイッチ類がコクピット側に向いていて、操作性が良いと口コミでも評価されているようです。

ただ、ラゲッジルームはハンズフリーパワーバックドアの評価は良かったのですが、内部が少し狭く、口コミではもう少しラゲッジルームのスペースが欲しかったという意見も確認できました。

また、レクサスUXを試乗した方の口コミには、内装の安っぽさ、センターコンソールの配置についての不満なども確認できました。

不満点として挙がっていた内装の安っぽさですが、特にダッシュボード、ドアトリム部分の装備が不満に思われているようです。

レクサスUXのドアトリムはアームレスト以外、革素材などを使ってコーティングされているわけではなく、ダッシュボードも一部分のみが革素材でコーティングされています。

実際に試乗を行った方はドアトリム、ダッシュボードがプラスチックっぽいと感じている方が多いようで、内装は安っぽいと感じている方も複数確認できました。

そして、レクサスUXはセンターコンソールの配置に不満を持たれている方もいるようです。

レクサスUXはセンターコンソールの運転席側にシフトノブ、助手席側にスクリーン操作用のタッチパッドが装備されています。

しかし、実際に乗った方からはシフトノブが邪魔でタッチパッドを操作しにくいという意見があって、センターコンソールの配置は一部の方から不満点として挙がっていました。

レクサスUXの試乗口コミは車体サイズ、ハイブリッド車の性能など、高評価点も多かったですが、内装の装備、配置などで一部の不満点もあって、内装を重視するなら少し満足感が薄れてしまうかもしれません。

愛車の査定を50万円以上、高く査定してくれる事業者を探す方法

「愛車の売却どこにしたらいいか分からない…」
「愛車の売却は近くの中古車販売で妥協しようか…」
「下取りで値引きを大きくしたい…」
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」
などあなたにも
悩みがあるのではないでしょうか。

1,値引きを大きくして
新車を安く買いたい!

2,愛車を高く売りたい!

こんなあなたの望みを叶える
オススメの裏ワザを
ご紹介します!

下取り、愛車の売却は無料の一括査定サイトを使い最高値で売る!

ディーラーで20万円の下取りが
一括査定を使い80万円になることも
多々あります。

一括査定ではあなたの
愛車をガリバーなど
大手下取り会社の
最大10社が一括で
無料査定をしてくれるのです。

ここで出た最高値
車を売却することができます。

またその最高値を
ディーラーに伝え
値引き交渉に使うことで
値引きの限界を引き出す
ことも可能です。

一括査定を使うことで
愛車を最も高く
売却することが出来るのです。
※こちらは記事の上で紹介してるサービスと違い複数業者とのやり取りとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です