ハリアーハイブリッドの口コミは?プレミアムと4WDも評価!

楽天の査定で確実に損をしない下取りをしよう!

下取り、車の売却は必ず
無料楽天一括査定サイトを使いましょう!
ディーラーでは20万円の下取りが、
買取業者では 80万円になることも
よくあります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社
あなたの車の買取価格を
競ってくれるのです。
結果的に値段を吊り上げてくれ
高額査定を可能にしてくれます。

トヨタ・ハリアーは5人乗りSUV車として長く販売されている車種で、2005年からは新たにハリアーハイブリッドも登場しています。

ハリアーハイブリッドはガソリン車と比べて低燃費走行が期待できるモデルで、エンジン音も抑えられています。

現行モデルの3代目ハリアーにも2014年からハイブリッド車は登場していて、ハイブリッド車の現行モデルには、口コミサイトで多数の評価が寄せられています。

今回はハリアーハイブリッドに関する口コミ情報について紹介していきます。

スポンサーリンク



ハイブリッド車の口コミ

引用元:https://toyota.jp/harrier/grade/hy_progress/?padid=ag341_from_harrier_grade_hy_progress_thumb

ハリアーハイブリッドは口コミサイト「みんカラ」、「e燃費」、「価格.com」などで様々な口コミが寄せられています。

口コミには良い感想だけではなく、悪い感想なども寄せられていて、実際に購入した方の評価は購入前の情報収集としても役立つことがあります。

ハイブリッドの悪い口コミ

引用元:https://toyota.jp/harrier/interior/?padid=ag341_from_harrier_navi_interior

ハリアーハイブリッドの口コミ情報を調べる場合、悪いポイントはどのようなところなのか、気になりませんか?

まず、口コミサイトで確認できたハリアーハイブリッドの悪い点をピックアップしていくので、確認してみましょう。

ハリアーハイブリッドの悪い口コミ

・ハリアーは最上位グレードでもシートに合皮が使われている

・ハリアーは収納スペースが少ない

・ハリアーは後方の視界が確認しにくい

・ハリアーハイブリッドは価格が高い

・ハリアーハイブリッドは思ったより燃費が伸びない

まず、シート表皮に関してですが、ハリアーはガソリン車、ハイブリッド車共に各グレードでシート表皮に合成皮革が使われています。

上位グレードのPREMIUM、最上位グレードのPROGLESSはMetal and Leather Package仕様車を選べばシート表皮は本革になりますが、ガソリン車より価格が高いハイブリッド車の上位グレードに本革シートが標準装備されていない点は不満に思われている方も少しいるようです。

次にハリアーの収納に関してですが、「ハリアーは運転席周りに小物を収納できるスペースが少ない」と収納に不満を持っている方が口コミサイトで確認できました。

ハリアーハイブリッドは運転席周りの収納スペースとして、フロントコンソール、センターコンソールボックス、ドアポケットなどの収納スペースが確保されています。

▼フロントコンソール

引用元:https://toyota.jp/harrier/interior/comfort/?padid=ag341_from_harrier_in_comfort03

▼センターコンソールボックス

引用元:https://toyota.jp/harrier/interior/comfort/?padid=ag341_from_harrier_in_comfort03

▼ドアポケット

引用元:https://toyota.jp/harrier/interior/comfort/?padid=ag341_from_harrier_in_comfort03

ただし、大きめの物を収納できるのはセンターコンソールボックスぐらいしかなく、財布、スマートフォンなどを置いておけるスペースは運転席周りにはあまりありません。

小物の収納スペースが少ない点はハリアー共通の不満点で、ガソリン車、ハイブリッド車共に悪い点として評価されることがあります。

続いて、悪い点の1つとして挙がっている後方の視界についてですが、ハリアーは後方の視界が悪いとして評価されることがあって、特に後方確認時にピラーが邪魔になると感想を寄せている方もいます。

▼ハリアー ピラー

引用元:https://toyota.jp/harrier/grade/hy_progress/?padid=ag341_from_harrier_grade_hy_progress_thumb

ハリアーは後部ピラーのサイズが大きめで、斜め後ろを確認する時にはピラーが邪魔になることもあります。

車線変更時などは斜め後ろを確認できないと事故に繋がる可能性もあるので、後方確認時にピラーが邪魔になる点は悪いポイントとして評価されているようです。

さらにハリアーハイブリッドは車両価格が高額な点も悪いところと評価している方がいます。

現行モデルのハリアーハイブリッドはベースグレードELEGANCEが377万~、上位グレードPREMIUMが407万~、最上位グレードPROGLESSが460万~販売されています。

ハリアーのガソリン車と比べた場合、ハイブリッド車とガソリン車の価格差は80万以上とかなりの差があって、高額な価格設定には不満を持たれている方もいます。

最後にハリアーハイブリッドの燃費ですが、「ハイブリッド車にしては燃費が思ったより伸びない」と口コミサイトで評価している方が確認できました。

ハリアーハイブリッドはカタログ燃費を確認すると21.4kmと低燃費走行が期待できそうですが、実燃費平均を確認したところ、実燃費は大体14~15kmほどとなっています。

カタログ燃費と比べると6km以上の差があって、カタログ値に比べて実燃費が伸びにくい点は不満に持たれている方もいるようです。

ただ、ハリアーハイブリッドの燃費には満足している口コミも複数あって、燃費性能に関しては賛否両論の意見があるように感じられました。

ハイブリッドの良い口コミ

引用元:https://toyota.jp/harrier/interior/?padid=ag341_from_harrier_in_top03

ハリアーハイブリッドは一部不満に思われている点もありますが、買ってよかったと思われているポイントも多数あります。

まず、ハリアーハイブリッドの高評価を受けている点の口コミをピックアップするので、確認してみましょう。

ハリアーハイブリッドの良い口コミ

・ハリアーは外観がかっこいい

・ハリアーハイブリッドの内装は高級感が感じられる

・ハリアーのシートは座り心地がいい

・ハリアーの運転席は視点が高く、前方確認がしやすい

・ハリアーハイブリッドはエンジンが静か

ハリアー良いと思われているところが多数ある車ですが、外観デザインは購入した方から高い評価を得ています。

特にハリアーのフロントデザインは多くの方からカッコイイと評価を受けていて、外観デザインに惚れてハリアーを選んだ方も多数いるようです。

▼ハリアー フロント

引用元:https://toyota.jp/harrier/grade/hy_progress/?padid=ag341_from_harrier_grade_hy_progress_thumb

ガソリン車、ハイブリッド車共にハリアーのカッコイイ外観は良いところのポイントの1つと言ってもいいでしょう。

また、ハリアーは内装のデザイン、配色なども高評価を受けています。

標準の内装カラーとして設定されているブラックはインパネ、シートなど、各所が黒基調で染められていて、高級感が感じられるデザインが採用されています。

▼ハリアー 内装 ブラック

引用元:https://toyota.jp/harrier/interior/?padid=ag341_from_harrier_in_top03

さらにハイブリッド車はインパネ、ドアパネルなどの一部が薔薇色に染まっているディープボルドー、インパネ、シートなどを明るく彩るダークサドルタンの2色も選択できます。

▼ハリアー 内装 ディープボルドー

引用元:https://toyota.jp/harrier/interior/?padid=ag341_from_harrier_in_top03

▼ハリアー 内装 ダークサドルタン

引用元:https://toyota.jp/harrier/interior/?padid=ag341_from_harrier_in_top03

ハリアーの内装は標準カラーでも高級感を感じられると良い評価を受けていて、ディープボルドー、ダークサドルタンの内装カラーも人気が高いように感じられました。

他にもハリアーハイブリッドには、シートの座り心地、運転席の視点の高さなども良い評価を受けています。

ハリアーのシートは堅すぎず、揺れも拾いにくいと評価されていて、長時間運転でも疲れにくいと評価されているようです。

さらにハリアーは運転席に座った時の視点が高くなっている為、前方の視界が広いとの評価も受けています。

前方の視界が広ければ標識、信号などの確認がしやすく、事故防止にも繋がるので、前方の視界の広さも良いところとして評価されています。

そして、ハリアーハイブリッドの良いところとして、エンジン音の静かさも高評価を受けています。

特にモーターのみで走行しているEV走行時はエンジン音がほぼ聞こえないと評価している方もいて、車内の静音性はかなり高いようです。

ハリアーハイブリッドはエンジン音が抑えられていながら加速性能も悪くないと評価されていて、エンジン音の静かさは良いところとして評価されています。

スポンサーリンク

ハイブリッド4WDの口コミ評価は?

引用元:https://toyota.jp/harrier/performance/?padid=ag341_from_harrier_perf_performance01

トヨタ・ハリアーは2WD、4WD駆動の2タイプが販売されています。

ただ、ハイブリッド車は駆動方式に4WD(E-Four)のみ採用されていて、2WD仕様車は登場していません。

しかし、ハイブリッドの4WDには、口コミでいくつかの感想が寄せられています。

例えば、ハイブリッド4WDの口コミには、下記のような感想があります。

ハリアーハイブリッド 4WD 口コミ

・ハリアーハイブリッドは雪道での走り出しも安定している

・ハリアーハイブリッドは滑りにくく、安心して走行できる

ハリアーハイブリッドは雪道で使う方も多数いて、雪道の走り出しでもたつかない点は4WD車の利点として評価されています。

雪道では、2WD車の場合、加速始めでもたついてしまうこともありますが、4WD車は安定した加速で速度を伸ばしていけます。

さらに雪道での停車もハイブリッド4WDならスムーズに停まれるので、ハイブリッド4WDの雪道走行の安定さは良い評価を受けているようです。

そして、ハイブリッド4WDの滑りにくさですが、ハリアーハイブリッドには電気式4WD制御のE-Fourが採用されています。

E-Fourは滑りやすい道の走行時に前輪のスリップを抑制し、カーブでは前後輪のパワーバランスを自動で最適化してくれるので、雪道などの滑りやすい道でも安定して走れます。

ハイブリッド4WDは自動で滑り抑制、最適化を行ってくれるので、濡れた路面、雪道で滑りにくく、安定して走行できるなどの口コミ感想が確認できました。

スポンサーリンク

ハイブリッドプレミアムの口コミ評価は?

引用元:https://toyota.jp/harrier/grade/hy_premium/?padid=ag341_from_harrier_grade_hy_premium_thumb

ハリアーハイブリッドはガソリン車と同じく、ELEGANCE、PREMIUM、PROGLESSの3つのグレード体系で販売されています。

低価格で購入を考えているならELEGANCE、搭載装備を気にするならPROGLESSが候補に入りますが、上位グレードのPREMIUMもかなりの人気があります。

実際にPREMIUMグレードを購入している方も多く、口コミサイトなどにはPREMIUMモデルに関して下記のような評価が寄せられています。

ハリアー ハイブリッドプレミアム 口コミ

・プレミアムのシーケンシャルターンランプはカッコいい

・プレミアムはパワーバックドア標準装備でうれしい

ハリアーのPREMIUM以上のグレードには、標準でシーケンシャルターンランプが搭載されています。

引用元:https://toyota.jp/harrier/exterior/?padid=ag341_from_harrier_navi_exterior

シーケンシャルターンランプとは、内側から外側に向けて順番に光が流れていくターンランプで、走行時に他車両へ進む方向を分かりやすく伝えられます。

ターンランプは走行中、車内から見えない部分ですが、光が流れていくシーケンシャルターンランプは好みの方も多いようで、カッコいいと評価されている方も確認できました。

また、ハリアーのPREMIUM以上のグレードには、パワーバックドアも標準装備されています。

▼パワーバックドア

引用元:https://toyota.jp/harrier/interior/comfort/?padid=ag341_from_harrier_in_comfort03

パワーバックドア搭載の車はスイッチを押すとバックドアの自動開閉が行えるので、荷物を持っていても楽にバックドアを開けることができます。

ベースグレードのELEGANCEはパワーバックドアが未搭載の為、ハイブリッド車のPREMIUM以上でパワーバックドアが標準装備されている点は評価している方も多いようです。

愛車の査定を50万円以上、高く査定してくれるのは楽天査定!

「愛車の売却どこにしたらいいか分からない…」
「愛車の売却は近くの中古車販売で妥協しようか…」
「下取りで値引きを大きくしたい…」
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」
などあなたにも
悩みがあるのではないでしょうか。

1,値引きを大きくして
新車を安く買いたい!

2,愛車を高く売りたい!

こんなあなたの望みを叶える
オススメの裏ワザを
ご紹介します!

下取り、愛車の売却は無料の一括査定サイトを使い最高値で売る!

ディーラーで20万円の下取りが
一括査定を使い80万円になることも
多々あります。

一括査定ではあなたの
愛車をガリバーなど
大手下取り会社の
複数業者が

無料査定をしてくれるのです。

ここで出た最高値
車を売却することができます。

またその最高値を
ディーラーに伝え
値引き交渉に使うことで
値引きの限界を引き出す
ことも可能です。

一括査定を使うことで
愛車を最も高く
売却することが出来るのです。
※こちらは記事の上で紹介してるサービスと違い複数業者とのやり取りとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です