新型ハリアーを値引き額の限界は50万?決算期が狙い目?

絶対に損をしない下取り方法

下取り、車の売却は必ず
無料一括査定サイトを使いましょう!
ディーラーでは20万円の下取りが、
買取業者では 80万円になることも
よくあります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社
あなたの車の買取価格を
競ってくれるのです。
結果的に値段を吊り上げてくれ
高額査定を可能にしてくれます。

トヨタ・ハリアーの現行モデルはガソリン車、ガソリンターボ車、ハイブリッド車の3タイプが販売されています。

ガソリン車は低価格でハリアーに乗りたい方、ガソリンターボ車はパワーのあるSUV車を求めている方、ハイブリッド車は低燃費SUV車を求めている方などから高い人気を得ています。

また、ハリアーを新車で買う場合、購入時にディーラーと値引き交渉を行う方も多く、口コミサイトには実際に値引き交渉を行った方の報告も寄せられています。

さらに値引き交渉を行う場合、値引きがしやすい特定の時期、査定方法などの交渉術を知っておくと高額値引きを狙う時に役立ちます。

今回は新型ハリアーの値引き実例、交渉術などの情報を紹介していきます。

スポンサーリンク



ハリアー値引情報!下取りなしの値引き額の実例は?

引用元:https://toyota.jp/harrier/exterior/?padid=ag341_from_harrier_navi_exterior

トヨタ・ハリアーは口コミサイト「価格.com」に購入した方からの値引き報告が多数寄せられています。

まず、価格.comに寄せられている新型ハリアーの値引き情報の一部をピックアップしてみます。

本体グレード 購入年月 本体値引き額 オプション値引き額 値引き総額
ハリアー ガソリンターボ車

PROGLESS

2017年8月 10万 10万 20万
ハリアー ガソリンターボ車

PROGLESS

2017年9月 15万 10万 25万
ハリアーガソリン車

PROGLESS

2017年10月 30万 10万 40万
ハリアー ガソリン車

PREMIUM

2017年12月 25万 0万 25万
ハリアー ハイブリッド車

PROGLESS Metal and Leather Package

2017年12月 15万 10万 25万
ハリアー ガソリン車

PROGLESS

2018年2月 25万 10万 35万
ハリアー ガソリン車

PREMIUM Metal and Leather Package

2018年3月 25万 20万 45万
ハリアー ガソリン車

ELEGANCE

2018年7月 25万 5万 30万
ハリアー ガソリン車

PROGLESS

2018年8月 35万 0万 35万

新型ハリアーは2017年6月から登場したモデルで、2017年7~8月ほどに購入した方の値引き情報も多数寄せられています。

ただ、新型登場直後の値引き報告では、本体額の値引きは10~15万円ほどの報告が多く、オプション値引きも含めても値引き総額は20~25万円ほどとなっていました。

しかし、販売開始から少し時期が過ぎた2017年の10~12月ほどには、本体値引きが20万円以上の報告も複数寄せられていて、少しずつ値引き額が上がっているように感じられます。

そして、2018年の前半期では、2~3月に本体値引きが25万円、オプション値引きで20万円、総額45万円の値引きに成功している方も確認できます。

総額45万値引きに成功している方は3月に購入を行っていて、決算時期と重なっている為、上手く高額な値引き交渉を行えたのだと思います。

さらに2018年の7月にも本体額の25万円以上値引きに成功している方もいて、 8月には本体額だけで35万円も値引きに成功している方も確認できました。

新型ハリアーは登場直後は値引き額が少し低くなっていましたが、2018年内では値引き総額が35万円以上に達している方も多く、上手く交渉できれば40万を超える値引きも期待できると思われます。

スポンサーリンク

値引き額の実例から50万円は可能?

引用元:https://toyota.jp/harrier/exterior/?padid=ag341_from_harrier_navi_exterior

トヨタ・ハリアーの購入を検討していて、値引き交渉も考えている場合、50万円近い値引きは可能なのか、気になりませんか?

結論から言うと新型ハリアーで50万円の値引きを狙うことは可能で、実際に50万以上の値引きに成功された方の報告が口コミサイトに寄せられています。

ハリアーは旧型が販売されていた頃、価格.comなどの口コミサイトで高額な値引き報告が多数寄せられていて、50万の値引き報告も複数確認できました。

旧型の値引き報告の中には本体額だけで40万円の値引きに成功している方もいて、新型デビュー直前にも本体、オプションを合わせて50万の値引きに成功した方もいます。

新型ハリアーは旧型と比べると高額の値引き報告はまだ少なめですが、50万円を超える値引き報告も数件あって、値引きの詳細は下記のようになっていました。

▼新型ハリアー 高額値引き実例

本体グレード 購入年月 本体値引き オプション値引き 値引き総額
ハリアー ガソリン車

PREMIUM

2018年7月 30万 25万 55万

50万円以上の値引きに成功した方の報告では、本体額の値引きが30万円と高く、オプションの値引き額も25万円と高額な報告が寄せられていました。

購入時期は7月と決算時期からはずれていますが、6~7月はボーナス商戦が加速する時期で、値引き額が少し大きくなる時期と言われている為、30万の高額値引きに成功したのかと思われます。

また、オプション値引き額も25万円と高めで、おそらくディーラーオプションのカーナビ、複数のアクセサリーなどを装着してオプションの値引き額アップに繋がったのでしょう。

新型ハリアーは値引き報告を確認すると、値引きの相場は大体20~35万円ほどが多いですが、決算時期での購入、複数のディーラーオプションの装備、下取りなどが重なれば、50万円以上の値引きも十分狙えると思います。

スポンサーリンク

値引きをするのに決算期が狙い目な理由は?

引用元:https://toyota.jp/harrier/exterior/?padid=ag341_from_harrier_navi_exterior

トヨタ・ハリアーに限らず、車の値引き交渉を行う場合には、高額値引きをしてもらう為に決算期を狙ったほうが良いと言われています。

車購入で狙い目と言われている決算期とは、毎年3月のことで、車の購入を行う場合は3月の初旬~中旬ほどに契約を行うのがおすすめされています。

なぜ3月が値引きの狙い目の時期なのかというと、各自動車メーカーは3月が決算月で、業績を伸ばす為に自社車種の販売台数を増やそうとします。

販売台数を多くする為、高額な値引きをしてでも台数を多く売ろうとするディーラーが多数で、決算月の3月は高額値引きがしやすいと言われています。

また、中間決算月の9月も値引き交渉がしやすい時期で、3月と同じく、業績を伸ばす為に高額な値引き交渉に応じてくれやすい時期となっています。

ただし、決算月に値引き交渉を行う場合、決算月の月末に交渉を行うのは避けた方が良いでしょう。

月末に車の契約を行うと自動車登録、車庫証明などが次月に行われてしまうことが多く、ディーラー側の売り上げとして反映されるのも次月となってしまいます。

決算月内の登録でないとディーラー側は業績アップに繋がらないので、決算月の月末は値引き額を高額にするのは難しくなります。

新型ハリアーの高額値引きを狙う場合には、3月、9月の15~20日ほどを狙い、値引き交渉に挑んでみるのが良いと思います。

値引き交渉術で最大化させる方法で一括査定を使う理由は?

引用元:https://toyota.jp/harrier/exterior/?padid=ag341_from_harrier_navi_exterior

車の新車購入時に下取りを行って値引き額アップを狙う場合、一括査定を利用して値引き額アップを狙うのがおすすめされています。

そもそも一括査定とは、複数の買取業者に現在所持している車の買取査定を行ってもらえるサービスのことです。

車の車種、年式、走行距離など、必要な情報を入力すると査定情報の登録が完了し、複数の買取業者に車の査定を行ってもらえます。

複数の業者に査定を行ってもらうので、一番高いところを選んで車を売ることが可能となり、車の高額買取が期待できます。

さらにディーラーで新車を購入する場合、下取りで現在所有の車を買い取ってもらえますが、下取り価格の交渉でも一括査定の査定結果は非常に役に立ちます

例えば、ディーラーが提示した査定額が他業者より低い場合、他社の査定結果をディーラー側に提示して下取り価格アップの交渉が狙えます。

他社の査定結果があるとディーラー側も対抗して下取り価格を上げてくれる場合も多く、決算時期なら本体額値引き、下取り価格を合わせて新車購入時に価格が50万円近く値引きされる可能性も十分あります。

また、ディーラーの下取り価格が気に入らない場合、一括査定の高額買取業者を選んで車を売ることも可能なので、一括査定を新車購入前にしておくと役立つ可能性は高くなっています。

新型ハリアーの購入を検討していて、現在の車の下取りを考えている場合には、新車の値引き交渉を行う前に一括査定を利用して現在の車の買取査定額を出しておくのがいいでしょう。

愛車の査定を50万円以上、高く査定してくれる事業者を探す方法

「愛車の売却どこにしたらいいか分からない…」
「愛車の売却は近くの中古車販売で妥協しようか…」
「下取りで値引きを大きくしたい…」
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」
などあなたにも
悩みがあるのではないでしょうか。

1,値引きを大きくして
新車を安く買いたい!

2,愛車を高く売りたい!

こんなあなたの望みを叶える
オススメの裏ワザを
ご紹介します!

下取り、愛車の売却は無料の一括査定サイトを使い最高値で売る!

ディーラーで20万円の下取りが
一括査定を使い80万円になることも
多々あります。

一括査定ではあなたの
愛車をガリバーなど
大手下取り会社の
最大10社が一括で
無料査定をしてくれるのです。

ここで出た最高値
車を売却することができます。

またその最高値を
ディーラーに伝え
値引き交渉に使うことで
値引きの限界を引き出す
ことも可能です。

一括査定を使うことで
愛車を最も高く
売却することが出来るのです。
※こちらは記事の上で紹介してるサービスと違い複数業者とのやり取りとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です