ホンダヴェゼル(VEZEL)にターボエンジン搭載!?いつ発売?価格予想は?

楽天の査定で確実に損をしない下取りをしよう!

下取り、車の売却は必ず
無料楽天一括査定サイトを使いましょう!
ディーラーでは20万円の下取りが、
買取業者では 80万円になることも
よくあります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社
あなたの車の買取価格を
競ってくれるのです。
結果的に値段を吊り上げてくれ
高額査定を可能にしてくれます。

ホンダの人気コンパクトSUVであるヴェゼルに1.5Lダウンサイジンターボエンジンを搭載したモデルが発売される噂が巷で流れています。

噂のもとになったのは、ヴェゼルの海外版となるHR-Vに1.5Lターボエンジン搭載モデルの発表があったので日本版となるヴェゼルにも搭載されるのでは?となったようです。

果たしてターボエンジン搭載モデルの発売はあるのか、調べてみました。

スポンサーリンク



ヴェゼル(VEZEL)のターボエンジン搭載車はいつ発売?2018年中に出る?

引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/

ホンダで人気のコンパクトSUVであるヴェゼル、現行モデルは1.5Lのガソリンモデルと1.5Lのハイブリッドモデルの2種類がラインナップされています。

発売以来、人気モデルとして好調な受注を受けており、マイナーチェンジで各部の熟成を行いながら現在に至っています。

ここにきて海外のヴェゼルであるHR-Vに、1.5Lターボエンジン搭載モデルが新たにラインナップに加わり、その情報から日本でもヴェゼルにターボエンジン搭載モデルが今後、新たにラインナップされるのではないか?と言う噂が広がったのです。

しかし、この噂もあながち的外れでなはく、ホンダの公式発表ではありませんがヴェゼルにターボエンジン搭載モデルのラインアップの可能性は十分にあるようです。

その背景には、ステップワゴンに搭載された1.5Lダウンサイジングターボエンジンが存在しており、省燃費性などの各種データーも既に揃っているのでヴェゼルに新たに搭載する上において特に懸念材料が無いことが挙げられますし、実際、ジェイドやCR-Vなどに先行搭載しており評価が高いなどの点も加わるでしょう。

またヴェゼルには過去、1.3Lターボエンジンの搭載も検討されていた時期があり、結果として採用は見送られましたが、今回の1.5Lターボエンジンは海外で既に販売が始まっており現実的に起こり得る内容です。

さらに言うなら、過去においてコンパクトSUVクラスにおいて常にトップの人気を誇っていたヴェゼルですが、トヨタのCH-Rの登場でトップの座を奪われており、マイナーチェンジで再びトップを取り戻そうとしても、CH-Rも同じくマイナーチェンジで対抗され、現在2位に甘んじています。

CH-Rじゃ1.2Lターボエンジン搭載ですので、ヴェゼルはその上を行く1.5Lターボエンジン搭載しCH-Rに対抗する内容はホンダも考えていることでしょう。

では、1.5Lターボエンジン搭載モデルの販売開始は何時頃になるのでしょうか、これもホンダの公式発表ではありませんが、既に多くの自動車雑誌などで発売時期についての考察が行われていますが、早ければ今年の11月と言う予想は外れたようです。

一部のメーカーと繋がりの深い某雑誌では来年の2月頃と発表されていました。

筆者、個人的には年明けのモーターショーで正式に発表され、来春の4月頃ではないか?と予想をしますが、実際のところはどうでしょうね、少なくとも2019年に販売に関する公式アナウンスは間違いなくあるでしょう。

スポンサーリンク

ヴェゼル(VEZEL)ターボ車の価格は!?

引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/

発売開始の公式アナウンスが待ち遠しいヴェゼルのターボモデルですが、気になるのはやはり価格ではないでしょうか。

現在のラインナップであるガソリンエンジンモデルとハイブリッドモデルの中間的な立ち位置として存在する可能性がとても高いと思いますので、現行モデルの価格帯を見てみると・・・・

・1.5L 自然呼気エンジン搭載モデル  : 207~247万円
・1.5L ハイブリッドシステム搭載モデル:246~292万円

ですから、この中間的な価格帯として220万円~の価格帯が濃厚ではないでしょうか。

ただ、このターボ搭載モデルの存在理由が微妙で、現行でヴェゼル自体の人気は十分高く、単にエンジンのみ追加搭載で発表してもユーザーには余り響かない可能性が高いように思えます。

ホンダもこの辺りは十分にリサーチしてるでしょうから、何らかの存在価値を高める措置を考えてくる可能性が高いと思いますが、例えば現行でガソリンモデルが存在しているので単にターボエンジンによるパワフルなモデルが追加されたような内容では戦略としては薄いでしょう。

そこで自動車メーカーは良く使っている手法ですが、「ヴェゼル・ツーリング」など名称に少しサブキーワードを追加して新たに販売チャンネルとして立ち上げる方法です。

これは実は大きな効果があって、過去に日産を始めとしてメーカー全般で販路拡大において成功していますので、ヴェゼル・ターボはこのような形での発表になる可能性が大きいでしょう。

単にヴェゼルT(ターボの意味)とするよりも、ターボ車としてのイメージを高める上でも専用の車名を用意することでブランディング効果もあり、販路拡大にも貢献するでしょう。

もともとSUVとしての素材ですから、現行のシティー派モデルだけでなく、もっとSUVに特化した遊びで使えるようなイメージで、それに伴うオプションを用意しユーザーの住み分けに成功すればヴェゼルの存在価値は高まりますね。

そうなると、もっとヴェゼルでも幅の広い展開が可能になり価格も高めることが出来るので、ホンダとしても面白い展開ができるでしょう。

スポンサーリンク

ヴェゼル(VEZEL)ターボ車の性能は?4WDは出る?

引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/vezel/?from=vezel_CA_newstopics

ヴェゼルのターボエンジン搭載モデルに4WDモデルが出るのか?の予想については、パワフルなターボエンジン搭載ですから走行性能に差し支えは全く無いですし、4WDコンポーネントは既に存在するので新しいラインナップに4WDは存在すると見て間違いないと思います。

もし、SUVに特化するような展開をホンダがした場合は、ほぼ間違いなく4WDは存在すると想像しますね、何故ならSUVの力強いイメージに4WDは外せないですからね、そうなると4WDが標準的な位置づけになる可能性もあります。

もちろんターボエンジン搭載モデルでFFを求める声もありそうですから、4WD専用では無くFFも用意されると見た方が自然ですね。

このように新たなブランディングとしての意味では、別グレードとした方が顧客戦略としては効果が大きいのは間違いないですし、4WDのラインナップにも何らかのイメージを持たせることが販売促進も可能となり、メーカー、ユーザーともに楽しめる車になるのは間違いないでしょう。

今のホンダのカーラインナップに遊べるSUVの存在がありませんので、ヴェゼルのターボモデルがこの穴を埋める可能性もありそうです。

しかし、もし現行モデルに追加ラインナップで終わった場合はどうでしょうか、この場合は単に受注数によって存在の有無が決まってくるので、現行では微妙です。

圧倒的にFFモデルの方が受注数が多いので、最初はFFモデルを先行販売を行い顧客の要望などを吟味してから後発で4WDの設定を行う可能性もあります。

近く販売のアナウンスが行われるであろうヴェゼルのターボモデルですが、この中に存在するであろう4WDをホンダがどのように考えるか?で登場の仕方が変わると思います。

どちらしても全ては予想に過ぎませんが、ヴェゼルのターボエンジンモデルがトヨタCH-Rの牙城をどのように崩すのか?その展開がとても楽しみです。

営業のトヨタを崩せるなら、間違いなくヴェゼルは販路拡大に成功し、ユーザー満足度の高い車として存在してるのですから。

愛車の査定を50万円以上、高く査定してくれるのは楽天査定!

「愛車の売却どこにしたらいいか分からない…」
「愛車の売却は近くの中古車販売で妥協しようか…」
「下取りで値引きを大きくしたい…」
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」
などあなたにも
悩みがあるのではないでしょうか。

1,値引きを大きくして
新車を安く買いたい!

2,愛車を高く売りたい!

こんなあなたの望みを叶える
オススメの裏ワザを
ご紹介します!

下取り、愛車の売却は無料の一括査定サイトを使い最高値で売る!

ディーラーで20万円の下取りが
一括査定を使い80万円になることも
多々あります。

一括査定ではあなたの
愛車をガリバーなど
大手下取り会社の
複数業者が

無料査定をしてくれるのです。

ここで出た最高値
車を売却することができます。

またその最高値を
ディーラーに伝え
値引き交渉に使うことで
値引きの限界を引き出す
ことも可能です。

一括査定を使うことで
愛車を最も高く
売却することが出来るのです。
※こちらは記事の上で紹介してるサービスと違い複数業者とのやり取りとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です